この記事を人に教える

まさに生ける廃墟!過疎化が止まらない気の毒過ぎるショッピングモール、これが「ピエリ守山」(改装前)だ!

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

<3ページ目を読む

■2階はフードコートと喫茶店以外壊滅していた。

守山市 ピエリ守山

エスカレーターで2階へ登る。ピエリ守山の2階部分は屋根が高く開放的な造りになっているのが特徴だ。白を基調とした壁や天井から自然光をうまく取り入れる設計となっていて照明がなくとも館内は非常に明るい。誰が呼んだか「明るい廃墟」とは言い得て妙である。そして相変わらずソファーがいっぱい、座り放題休憩し放題。

守山市 ピエリ守山

特に2階部分は全く開いている店がない。県下最大級のショッピングモールをここまでの状態にできるなんてある意味感心してしまう。むしろアートの領域だわ。なお上の階は屋上駐車場になっているが、エスカレーターの所から既に封鎖されていて出入りできなかった。

守山市 ピエリ守山

カーテンじゅうたん王国の店舗も今ではフロアカーペットが一面に敷いてあるだけのがらんどうのスペースになっておりました。

守山市 ピエリ守山

もう笑うしかない。ここまで酷くなる前にもう少し早く手が打てなかったのか。

守山市 ピエリ守山

ゲームセンターもあったらしいけどここも例外なく撤退済み。むしろパチンコ屋とかアレな業種の店を呼んだら繁盛しそうな気がするんですが(笑)

守山市 ピエリ守山

どんな田舎の貧乏臭くてしょぼいショッピングモールにもあるような100均ショップのダイソーですら撤退するというのはもはや異常事態以外の何者でもないと思うんですよ。

守山市 ピエリ守山

ここのダイソーもなんだけど、7月から8月中に相次いでバタバタ撤退した店が多いんですよね。今年の事なのか去年の事なのか一見して判別が付かないんだけど、今年9月になって急にネットで話題になり始めたタイミングを考えると、やっぱり最近になって危険信号を発していたのかも知れぬ。

守山市 ピエリ守山

フードコートから反対側にあったはずの「レストランタウン」は入口から既に閉鎖されていて中には入れなくなっていた。館内マップを見た限りでは十数店舗飲食店テナントがあるはずだが、今では中がどうなっているか見る事もかなわない。

守山市 ピエリ守山

このレストラン街も7月28日に営業終了するまでは出入りできていたという事だろう。これ以後、ピエリ守山で食事ができる店はたったの4店舗しか無くなった。

守山市 ピエリ守山

そのうちの一店舗は琵琶湖が間近に拝めるレイクサイドビューでスタイリッシュなリゾートカフェ「R&M」でございます。田渕カレーとかいう誰の名前なのか分かりませんが人気の名物カレーがあるようです。田渕さんって誰やねん。

守山市 ピエリ守山

そんな謎のカフェの向かいには「ちびっ子集まれ」スペースが。全然集まってませんがな。もうグダグダである。

守山市 ピエリ守山

ちびっ子は1階のアミューズメントショップとかで遊んでいたりするので、需要が足りているという。ここは単なる穴埋めに過ぎないという事だろうか。一応「ぬりえ」とか楽しんだりできるそうです。子供連れじゃないけど、「ぬりえ」やるしかないんですかねここは…

守山市 ピエリ守山

「5つのエラーを探そう!!」って、このショッピングモール自体が既に致命的なエラーな気がしなくもないんですが、我々は割と楽しませてもらってます。

守山市 ピエリ守山

フードコート横にもだだっ広い空きテナントがある。「イベント夢広場」などと名付けられていて何とも物悲しさを誘う。生ける廃墟と化したこのショッピングモールではもはや夢も希望も感じられない。

守山市 ピエリ守山

よく見たらここ、「未来屋書店」の跡地でした。これってイオンモール系列によく入ってる本屋なんですけどなんで草津のイオンモールではなくこのピエリ守山にあったんでしょうか。ちなみにこの本屋は開業1年が過ぎた2009年10月頃に早々撤退してしまったらしい。

>5ページ目を読む



The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る