この記事を人に教える

まさに生ける廃墟!過疎化が止まらない気の毒過ぎるショッピングモール、これが「ピエリ守山」(改装前)だ!

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

<4ページ目を読む

■僅か2軒のフードコート、日本一広いリンガーハットは大繁盛

守山市 ピエリ守山

いくら閑古鳥で生ける廃墟だとしてもピエリ守山は今なお現役のショッピングモールである。当然ながらフードコートも存在する。2階の一角に広いスペースを保ってはいるが、訪れる人の姿はまばら。小腹も減ったし入ってみようよ。

守山市 ピエリ守山

このフードコートも同様に店舗が続々撤退しまくっており、現在では僅か2軒しか営業していない。長崎ちゃんぽん「リンガーハット」と豚丼専門店「とうみ」の2軒だけ。他はマリオンクレープとかスガキヤとか色々あったみたいなんですが尽く消えて無くなりました。

守山市 ピエリ守山

原宿発祥「マリオンクレープ」の店舗も滋賀県ではここが唯一だったらしいけど撤退したから県内ではもう食えなくなりました。

守山市 ピエリ守山

ここらでイタメシも食えたかも知れませんがこの状態ではもはやイタリア国旗の色くらいしか店の痕跡を判断できませんな。

守山市 ピエリ守山

関西人らしくうどんも食えたりできたそうですがお品書きと写真だけ中途半端に残されて、どうにもやるせない気持ちにさせられる。

守山市 ピエリ守山

昼時のフードコートは意外にも繁盛しまくりである。そりゃこれだけ広大なショッピングモールでまともに食事できる所がここしかないというと必然的にここしか人が集まらなくなる。需要と供給のバランスを考えさせられる光景である。

守山市 ピエリ守山

ずらりと並べられたフードコートの椅子とテーブル。ざっと見て500席くらいあるような感じだが、お客はリンガーハットの周りか琵琶湖が眺められる窓際一帯に固まっている。ある意味「日本一広いリンガーハットの店舗」と解釈しても良さそうな店だ。

守山市 ピエリ守山

フードコートと聞くと貧乏臭くてせせこましいものを想像しそうになるけど、ピエリ守山のフードコートは立派の一言。そりゃあもうシャレオツで開放的なフードコートですね。ガラガラで座り放題だから居心地の良さは抜群。何時間でも座れるぞ。

守山市 ピエリ守山

ピエリ守山のフードコートは、日本一美しいショッピングモールのフードコートだと思う。どこを見てもゴミひとつ落ちてません。

守山市 ピエリ守山

なかなか壮観ですな…ちなみにこの日は三連休で、地元の学童グループか何かの遠足の一環か知らんが子供連れの集団がリンガーハットで大量注文していてちゃんぽんをオーダーするまで結構待たされました。

守山市 ピエリ守山

これがピエリ守山で一番人気の「リンガーハットのちゃんぽん」。国産野菜使用でてんこもり。腹一杯になれます。この日は台風18号の影響で配送が遅れてて餃子の販売はなし。フードコートで食ってる間周囲を見回すと、なんか我々と同じくネットを見てきましたー的な人々が3割くらい混じっていて、ニヤニヤしながら記念写真を撮りまくってた。いま滋賀県で一番ナウでヤングなスポットかも知れん。これはピエリ守山に行くしかないでしょう。なるべくお早めにどうぞ。できたら車で。

ピエリ守山

営業時間 10:00~20:00 年中無休
滋賀県守山市今浜町2620-5

滋賀県守山市今浜町2620-5



The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る