逢阪に属する記事の一覧

【まだ住んではる】京都市北区「衣笠開キ町」衝撃の砂防ダム内不法占拠バラック村再訪

我々DEEP案内取材班が過去に取り上げてきた全国各地に点在する“戦後のドサクサ物件”とも言うべき、河川敷やら何やらに勝手に家を建てて住み...

記事を読む

【戦後の残滓】大阪・貝塚市に残る西日本唯一の満州引揚者住宅「東貝塚住宅」を見に行った

戦後75年…既にこの世界において第二次世界大戦の経験を知らない世代の人々が大半を占める時代になった今、誰も知らない所でひっそりと長い「戦...

記事を読む

【いつもの大阪】二度も否決された「大阪市廃止・特別区設置住民投票」大反省会会場【貧民の首都】

日本中の自治体関係者がこっそり見守っていたであろう、今回の「大阪市廃止・特別区設置住民投票」の結果は、5年前の住民投票と同様、僅差での「...

記事を読む

【飛び地オブ飛び地】京都の外れ・淀の宇治川沿いに残る謎の「二重飛び地」を訪ねたら…【伏見八幡久御山】

京都と言えば日本国における「都の中の都」たる存在である市民の自覚を根拠にプライドの高さに加えて格式や伝統を重んずる気質のあまりに、古都の...

記事を読む

【宇治市】戦後75年経ってようやく終わりの目処が立ちそうな不法占拠地帯「ウトロ51番地」の様子

昔からDEEP案内編集部がしつこくレポートしまくってきた物件の一つが、戦後の混乱期に在日コリアンが特定の土地を不法占拠して暮らし続けてき...

記事を読む

【ダークサイド神戸】神戸のタルトンネ・神鉄長田駅最寄りの生ける廃墟マーケット「名倉市場」

神戸という土地を他所から来た観光客が訪れた時に、まずもってガン無視されてしまうのが新開地から出ている「神戸電鉄有馬線」の沿線。古くは昭和...

記事を読む

【在日in秘境】京都府唯一の村・南山城村の奥地に鎮座する巨大な韓国寺院「高麗寺」をあなたは知っているか

1980年代後半~90年代初頭に掛けて迎えた“バブル経済”という狂乱の時代に「イトマン事件」を起こし多額のカネを闇社会に流し込んだ張本人...

記事を読む

【府境の秘境】大阪・高槻市の山の中にある謎の集落「京都市西京区大原野出灰町」を見てきたら壮絶すぎた【旧樫田村】

世の中には「国境」や「都道府県境」といったものに異常な興味と執着心を抱くマニアも結構おられるようだが、とりわけ「飛び地」というものが大好...

記事を読む

【悲報】消える西武グループの遺産…滋賀県大津市にある関西最後の西武百貨店「西武大津店」が44年の歴史に幕

2020年8月31日、首都圏の私鉄大手企業「西武グループ」に関わる二つの施設が“最後の日”を迎えた。一つは東京都練馬区にある遊園地「とし...

記事を読む

【あの現場は今】2005年、ネット民がざわついた「騒音おばさん事件」の街、奈良県平群町を再訪する

日本人特有の「持ち家志向」の強さというものを考えさせられる事が時々あるが、その度に頭をよぎるのが、“家を建てるのは男の甲斐性”みたいな古...

記事を読む

【浪速区】連続殺人事件に驚愕の階数偽装、大阪市内最強の事故物件マンションはいま

“事実は小説より奇なり”だなんて言葉、割と陳腐なくらいによく使われているものだが、我が日本国における第二の都市ながら日本人の常識と法律が...

記事を読む

大阪府市の同和行政の象徴!35年間の歴史に幕を閉じた「大阪人権博物館」最後の日

コロナ禍で観光業や飲食業ばかりか世の中全体がメチャクチャに引っ掻き回されている中、大阪市内でもあちこちの施設が閉店・廃業ラッシュを迎えて...

記事を読む

【大阪兵庫京都】「新型コロナウイルス」関西地方二府四県の現状をDEEP案内編集部が見る【奈良滋賀和歌山】

新型コロナウイルスという未知の病原体が全世界を襲うという未だ嘗て経験した事のない未曾有の危機の最中で、全く外出することができない、意味な...

記事を読む

【遊んでる場合とちゃいまっせ】「大阪五新地&かんなみ新地」緊急事態宣言発令後の様子はどうなっているのか

新型コロナウイルスの日本国内における感染拡大が止まらない事を受けて、遅まきながら4月7日の夜にようやく発令された「緊急事態宣言」。その対...

記事を読む

【京都市】同和地区から芸大キャンパスに変わる、京都駅東エリア「崇仁小学校」最後の姿

同和問題がタブーとされていた時代はもうとっくに終わっている。そんな事を先日のNHK・Eテレで放送された「バリバラ」の部落特集なんぞを見て...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.