大阪市天王寺区に属する記事の一覧

【現存せず】大阪・天王寺区「ジョイフルクラブ」(旧・ホテル延若)が古臭すぎて腰が抜けた

全国あちこちに点在する「ラブ」の付いたホテルを泊まり渡った我々取材班。そんな中でラブホというよりも「連れ込み旅館」と呼んだ方がしっくり来...

記事を読む

【日本版バッカスおばさん】大阪・天王寺の闇!「あべちか」にたむろする高齢売春婦の謎に迫る

大阪の天王寺と言えばいっちょまえのターミナル駅でありながら全体的に胡散臭さの際立つ街なのは昔ながらの事。新世界や飛田新地や釜ヶ崎が最寄り...

記事を読む

NO IMAGE

カオスパーク「生玉公園」 (2) ホームレスと地下壕

毎年9月には上方落語家が集う「彦八まつり」も行われ有名な存在である生國魂神社のすぐ隣には一般ピープルの常識の尺度がまるで通用しないカオス...

記事を読む

NO IMAGE

カオスパーク「生玉公園」 (1) 廃ホテル「園」その後

地下鉄谷町九丁目駅を降りて南西方向に行くと有名な生國魂神社があるが、その周辺は見事にラブホ密集地帯という何とも怪しいロケーションである。...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺寺町巡り (5) 勝鬘院愛染堂・口縄坂

上町台地にかかる坂を登ったり降りたりしながら天王寺の寺町を縦断していった訳だが、そろそろ疲れてくるのでこの辺で一息つきたい所だ。愛染坂、...

記事を読む

天王寺寺町巡り (4) 「連絡まつ村」多発地帯

大阪市内唯一の天然滝と清水の舞台がある清水寺を後にし、さらに上町台地に沿って寺町を北上する。再び清水寺の門前まで戻ってくるとそこはしなび...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺寺町巡り (3) 大阪にもあった「清水寺」

天王寺の上町台地に沿って一心寺、安居神社と進んでいくとその先には「清水寺」がある。正式名称は「有栖山清光院清水寺」。 京都ではなく大阪の...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺寺町巡り (2) 安居天満宮

一心寺を出て、寺町が形成されている上町台地を北上しながら散策する事にした。道を挟んだ向かいに出たが、正面にやたら奇妙な公園があるのが見え...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺寺町巡り (1) お骨佛の寺・一心寺

「古都」という括りで関西を見るとどうしても京都や奈良が目の前にあるために大阪の存在感が薄くてしょうがないのだが、大阪もれっきとした古都で...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」 (2)

「あべの銀座商店街」が消えてしまった今、天王寺駅前に唯一残る昭和の残滓「阪和商店街」の内部を引き続き散策する。 谷町筋方面から入ると南...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」 (1)

阿倍野再開発事業で誕生するショッピングモール、そして近鉄の超高層ビル計画、そして次々と街から追い出されるホームレスと売春婦。急速に街が漂...

記事を読む

天王寺・茶臼山の怪しい天守閣「ノーブルホテルダイゴ」に突入してきた

大阪・天王寺。梅田や難波に次ぐ大阪市内第三のターミナル駅で、近鉄南大阪線・JR阪和線・JR大和路線で南河内、奈良、関西空港、和歌山方面へ...

記事を読む

【大阪の鶯谷】天王寺駅前の怪しいホテル街「茶臼山町」を歩く

天王寺駅の西側にはかつて「青空カラオケ」でフリーダムな光景が見られた天王寺公園がある。そこに隣接する茶臼山町は、いわゆるラブのついたホテ...

記事を読む

【大阪民国×在日】大阪某所の朝鮮総連系在日コリアン寺院にお参りしてきた【境内にベルリンの壁】

大阪ディープサウスサーミナル「天王寺」界隈を特集。天王寺駅から歩いていける個性的でディープなお寺巡りはいかが?ラブホ街の奥にある在日韓国寺院「統国寺」の境内には本物のベルリンの壁が展示されていた!

記事を読む

NO IMAGE

大阪裏ターミナル「上六・谷九」 (2) ○○の王将

さらに上本町界隈を歩き回る大阪DEEP案内探検隊。店の玄関を家財道具で覆いつくす謎の中華料理屋はあの有名な「餃子の王将」の成れの果て。中国万里の長城の端っこの打ち棄てられた瓦礫のように街に埋もれていた。

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.