【日本版バッカスおばさん】大阪・天王寺の闇!「あべちか」にたむろする高齢売春婦の謎に迫る

大阪の天王寺と言えばいっちょまえのターミナル駅でありながら全体的に胡散臭さの際立つ街なのは昔ながらの事。新世界や飛田新地や釜ヶ崎が最寄りにあるからだろうが、いつ来てもホームレスや売春婦がたむろするという香ばしい土地柄。

大阪市 天王寺区

そんな天王寺駅前には「あべちか」なる地下街がある。阿倍野橋地下街の略称がいつの間にか正式名称になっている訳だが「うめきた」だの何だの平仮名四文字で略するのが好きな大阪人らしいネーミングである。実はこの地下街で、連日立ち続けては春をひさぐ高齢女性を毎日のごとく見かけるのだ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.