天王寺・茶臼山の怪しい天守閣「ノーブルホテルダイゴ」に突入してきた

大阪・天王寺。梅田や難波に次ぐ大阪市内第三のターミナル駅で、近鉄南大阪線・JR阪和線・JR大和路線で南河内、奈良、関西空港、和歌山方面へ向かう時に必ず来る事になる場所だ。駅前には天王寺公園が広がっていて、東京で言えば上野あたりとどこか印象がかぶる街だ。

駅前には近鉄が気合を入れてぶっ建てた日本一高いビルとして新たな観光名所となっている「あべのハルカス」がそびえ、その隣には阿倍野再開発事業によって生まれた大型商業施設「あべのキューズモール」も誕生、駅前の街並みは大きく変貌したが、足元を見れば相変わらず公園の入口には大勢のホームレスが、地下街には外国人の立ちんぼババアが夜な夜な徘徊し、すがるアテもない年老いた孤独な男女の行き着く高齢化社会の最底辺、もとい秘密の楽園にもなっている。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.