【現存せず】大阪・天王寺区「ジョイフルクラブ」(旧・ホテル延若)が古臭すぎて腰が抜けた

全国あちこちに点在する「ラブ」の付いたホテルを泊まり渡った我々取材班。そんな中でラブホというよりも「連れ込み旅館」と呼んだ方がしっくり来るような超オンボロレトロホテルに出くわす瞬間がある。敷居を跨ぐと昭和の世界にタイムスリップ、容赦なく非現実感が貴方を襲う事だろう。で、こういう思いをするのってだいたい大阪に行った時が多いんですが…

やってきたのは谷町九丁目駅の近く。地元の人間はタニキューとか言って略してますけどな。谷町筋と千日前通が交わる谷町九丁目交差点の南西一帯に「生玉町」という区画があり、生國魂神社という由緒正しい神社がございまして「いくたまさん」などと呼ばれてるんですが、イクタマという言葉の響きに釣られてか周囲はエロエロゾーンと化しており漏れ無くラブホテル街です。

【注意】当ページで紹介しているオンボロラブホテル「ジョイフルクラブ」は2014年頃に廃業した模様で現存しません。2015年時点のストリートビューで建物の解体を確認しました。ご了承下さい。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.