この記事を人に教える

靱公園

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪市西区にある、靱(うつぼ)公園。西区民の憩いの場でもあり、東西800メートルにもわたる横に長い形の珍しい公園である。

もともとこの土地が日本敗戦時にGHQに接収された小型機専用の飛行場の滑走路だったため、その名残りが公園の形になって今に至っているのだ。

靱テニスセンター



公園はなにわ筋を挟んで東園と西園に分かれていて、靱テニスセンターは西園にあり、新たに整備されたバラ園が東園にある。

靱公園のテニスコート

なにはともあれ靱と言えばテニスコート。もちろん国際大会に対応できる仕様となっており、収容人数5000人のセンターコートと、500人のサブコートを16面備えている。なにはや国体などでスポーツ施設建設ラッシュとなった1996年に完成させている。

2006年初頭に「世界バラ会議」を開催する名目で、靱公園に住んでいたホームレスを強制排除した大阪市。そのときは、当事者よりもはるかに大勢のチンドン屋プロ市民が駆けつけてきて、テレビでも全国報道されるほどの大騒ぎとなった。

ホームレス除けのトラ柵

現在、ホームレスは居住しておらず、バラ園として整備された東園の一部以外は主だった変化はない。彼らが居住していたエリアも別に大きな工事をしたわけでもなく今に至っている。

東園

そんな騒ぎの舞台ともなった東園のケヤキ並木。秋はご覧の通りなかなか風情のよさを見せてくれるのだが…

怖いブロンズ像

中央の広場に、公園で仲睦まじく遊ぶ家族…のブロンズ像。服まで着てるし、本物と見間違える。
ある意味スゲー怖い(笑)

ブロンズ家族

靱公園のある一帯は基本的にオフィス街なので、ここで遊んでいる家族の方がブロンズ像よりも少なかったりもする。ホームレスのねぐらになっていた事も人が近寄らなかった原因だが、今はえらい綺麗なバラ園まで出来て、立派になっとりますさかい。

バラ園と噴水

靱公園のバラ園、88品種、2500株のバラを植えて市民の皆様をお待ちしております。
バラの代わりにここを追い出されたホームレスは長居公園や大阪城公園などに散っていきましたとさ。
しばし靱のバラ画像にまったりしてくださいまし。

バラ園

バラ

バラ

でも、大阪民国と言えば真っ赤なバラより真っ赤な特定アジアだろう。

台湾人、日本人の対中国抗議デモ

靱公園から阿波座駅寄りの場所に中国総領事館があるのだ。
なので、この付近は警察官の検問などが多い。毎年、中国に抗議する台湾人や日本人の市民運動家らがこの靱公園に集まり、中国総領事館前までの間でデモ行進を行っている。

靱公園のご神木

参考記事
靱公園 – wikipedia

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る