これぞ日本の朝鮮!大阪を代表するコリアタウン「鶴橋商店街」の闇市っぷりをご覧下さい 

<4ページ目を読む

狭いようで広い鶴橋商店街の最も東端にあるのが、南北に長いアーケードを作る「鶴橋卸売市場」である。

ここを南へ行くと「アリラン食堂」や猪飼野御幸通商店街に続く道になっている。この市場の懐かしい雰囲気、大好物だ。

鶴橋の地名の由来は、もちろん鶴から来ている訳だが、こんな味な看板まであったりして、レトロマニア心をくすぐる要素がふんだんに盛り込まれている。

商店街を今度は南へ歩く。徐々に住宅街へと変わっていくのだが、やはりここはコリアタウン。帰化申請などの相談を承る法務行政事務所の看板が見られる。

帰化申請

そこを右へ曲がると、「鶴橋温泉」という随分レトロな面持ちの銭湯がどっしりとその場にある。昭和初期に建造されたアールデコ調のモダンな銭湯なり。

まだ営業時間ではなかったので中には入れなかった。残念。

さすが、戦災の被害が無かっただけあって、とんでもない築年数のボロアパートが所々に存在している。こういう所の家賃は目玉が飛び出る程安いらしい。風呂なし、トイレ・台所共同で1万円台から!というところもあるらしい。

もちろんそういう場所は例外なくニューカマー韓国人の下宿になっているケースも多いということだそうで、アパートにはハングルの注意書きなんかも見かけます。

そのままずーっと商店街を南に下っていきましょう。一見寂れて何もなさそうな感じがするが、決して期待は裏切らないのが鶴橋流。

こんな感じの雑貨店もあったり

こんな感じの、韓国茶専門店までございます。在日韓国人にとっては至れり尽くせりである。

夜ともなるとこれまたシブイ、鶴橋卸売市場。

「かねてつ坊や」の看板がまたまたシブイ。
というか、かねてつ坊やとばかり思っていたが、コイツは「てっちゃん」というれっきとした名前があるのだ。
関西圏ではおなじみ、カネテツデリカフーズのマスコットキャラである。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.