大阪市西成区に属する記事の一覧

写真撮影が一年にたった2日間だけ許される飛田新地の「こども夏まつり」とはどのようなものなのか

大阪市西成区にある「飛田新地」。明治45(1912)年にミナミの大火で焼け出された難波新地乙部遊郭が移転して大正5(1916)年に開かれ...

記事を読む

激安スーパー玉出発祥の地!西成区「玉出本通商店街」の廃レトロぶりが凄まじい件

大阪市内を中心に展開する激安スーパーチェーン「スーパー玉出」の存在は関西はもとより全国的に知られる程のもので、あのドギツイパチンコ屋のよ...

記事を読む

西成・飛田新地至近、激渋アーケード「山王市場通商店街」

日本最大の労働者の街「釜ヶ崎」、日本最大の現役赤線地帯「飛田新地」を抱える日本最強のDEEPゾーン西成区にはこれまた日本屈指の激渋レトロ...

記事を読む

ドヤ街西成区太子「松乃木大明神」とコアな路地裏風景。そして伝説の好事家旅館

大阪市西成区、日本最大のドヤ街「釜ヶ崎」を抱える最強最悪のスラム…だなんていつもこういう汚れ役をさせられている不遇の街だが、コアなドヤ街...

記事を読む

西成区・西天下茶屋銀座商店街の絶滅危惧種激渋純喫茶「マル屋」が最強過ぎる件

大阪という街はDEEPの牙城である。レトロ物件の宝庫だったりヤバイ人間の坩堝だったり色々濃すぎる訳であるが、その中でも「西成」はあまりに...

記事を読む

【営業中の写真撮影厳禁】西成区に存在する日本最大の現役遊郭「飛田新地」を歩く(2012年)

大阪市西成区山王三丁目にある「現役の遊郭」飛田新地の存在はここ近年ネット上でもすっかり有名になってしまったが、改めて当サイトからもこの場...

記事を読む

飛田新地の料亭「鯛よし百番」に行ってきました 

日本最大にして現役の「遊郭」である大阪市西成区の飛田新地。大正時代に開かれた遊郭は戦後の売防法施行を経てちょんの間料亭街として今に続いて...

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (3) お好み焼き

下町遺産「西天下茶屋」の栄枯盛衰...路地裏には廃屋、シャッターが閉まったままの店舗、道行く老人と介護施設ばかりが目立つオールドタウン。ふと入ったお好み焼き屋でマナカナに出くわす。朝の連ドラ「ふたりっ子」の街。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (2) 超レトロ商店街

日本屈指の下町「西天下茶屋」の商店街。昭和のど真ん中を生き抜いた街がそのままの姿で残っている。商店の廃墟、錆付いたシャッター、創業七十四年の謎の喫茶店、英語の綴りがおかしいたこ焼き屋...下町世界遺産の全てを堪能してくれ。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (1) ふたりっ子

釜ヶ崎ばかりが西成ではない。大阪市西成区は日本屈指の下町遺産ゾーン。忘れ去られたかのような南海汐見橋線の電車に揺られて降りたのはNHK朝ドラのロケ地にもなったレトロな下町。西天下茶屋の魅力を写真多めでお伝えします。

記事を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (19) ディスカウント人生編

僅か500メートル四方の土地に2万、3万もの人口がいると言われる西成釜ヶ崎。 東京都心ですら及ばぬ人口過密地域だ。 そんな釜ヶ崎には様...

記事を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (18) ドヤあれこれ編

数ある大阪DEEP案内のレポートの中で西成釜ヶ崎は最も多くのアクセスが今でもある。 これまで何度も現場に訪れて、そこに住まう労働者や身寄...

記事を読む

ドヤ街・西成釜ヶ崎のランドマーク「あいりん労働福祉センター」

日本最大の労働者の街・西成釜ヶ崎「あいりん地区」のシンボル的建物である「あいりん公共職業安定所」。釜ヶ崎に住んでいる3万人とも言われる日...

記事を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (14) アングラ萩之茶屋編

「あいりん地区」「釜ヶ崎」という名はあっても、具体的にどこからどこまでを指すのか、いまいち分からない方も多いだろう。西成区萩之茶屋、太子...

記事を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (13) ガード下の腐臭編

人間というものは不思議なもので、忌避したくなるような臭いものに特別な興味を示す事例が多々ある。臍のゴマの匂いや足の裏の匂いフェチというの...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.