廃墟然としている南海木津川駅を降りるとそこは福祉と人権の街…「西成区北津守」を歩く

日本屈指の貧困地域として槍玉に挙げられてばかりの「大阪市西成区」、その要因となっているのは圧倒的にドヤ街釜ヶ崎の存在だが、西成区全体を見てもやはり福祉世帯が多く市営住宅があちらこちらに立ち並ぶ、大阪の平均的なビンボー臭い街並みが見られるわけで、それは西成区の最も西側に位置する「津守地域」も同じである。

西成区西部に位置し木津川を挟んで大正区に隣接する西成区津守地域。南北に長いこの地域のうち住所は北津守・津守・南津守に分かれるが、元々は大正区や港区と同じく江戸時代に新田開発され、近代化以降はやはり同じように工場が立ち並ぶ地域として発展してきた歴史を持つ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.