大阪市此花区に属する記事の一覧

此花区の台所、阪神なんば線千鳥橋駅前「四貫島商店街」と5人死亡放火事件のパチンコ屋跡

大阪ベイエリアの下町ゾーンはまだまだマイナーな存在に甘んじている気がしてならない。関西圏の都市の発展からは見事に取り残されたエリアで、皆...

記事を読む

【15個100円】非戦災地域の渋い下町・此花区伝法にある「大阪一安いたこ焼き屋」に突撃【激安やで】

「たこ焼き」…これほどまでに大阪人のアイデンティティを示すものは他に存在しない。戦前に西成・玉出の「会津屋」創業者である遠藤留吉(福島県...

記事を読む

【此花区】大阪市内にも残る漁港…「伝法漁港」で喰らうふぐ料理の味

「漁港」という言葉を聞くとどんなイメージを思い浮かべるだろうか。和歌山か、その手前の泉州か、それとも若狭や丹後半島などの日本海側か、近鉄...

記事を読む

【西九条-九条】日本初の沈埋工法トンネル!歩行者専用海底トンネル「安治川隧道」を潜る

大阪市此花区西九条と西区九条を結ぶ「安治川隧道」は戦時中に作られた日本最古の沈埋式トンネル。現在でも市民の足として使われている。

記事を読む

フンデルトヴァッサーの遺作、世界一派手なゴミ処理場「大阪市環境局舞洲工場」に出入り自由な日がある

大阪市此花区にある人工島「舞洲」。ここはかつて2008年大阪五輪誘致を前提とした開発が続けられ、同じ人工島の「夢洲」「咲洲(南港)」など...

記事を読む

【大阪市無駄物件図鑑】フンデルトヴァッサーの遺作、総工費609億円の超豪華ゴミ処理場「大阪市環境局舞洲工場」

USJちゃうで?ましてやラブホともちゃうで?人工島「舞洲」に浮かぶメルヘンチックな豪華ゴミ処理場、609億円也!ウィーンの世界的芸術家、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーのデザイン。

記事を読む

【大阪市無駄物件図鑑】無人島に総工費635億円を費やした浮体式可動橋「夢舞大橋」を渡る

大阪湾に浮かぶ3つの人工島。それらを橋とトンネルで結び、新都心を作り出そうと大阪市が総額2兆2千億円もの公費を投じて推し進めた、世界に類...

記事を読む

【大阪市無駄物件図鑑】2008年大阪五輪誘致失敗の爪痕「舞洲スポーツアイランド」

少しずつ人々の記憶から薄れられていくのは事実だが、大阪市は過去に53億円もの費用をかけ、2008年に大阪でオリンピックを開催させるため誘...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.