【淀川区】aikoが歌った「三国駅」の変わらない街並みと変わった街並み、そしてサンティフルみくに商店街

大阪市淀川区
©Masayoshi Osaka

劇団員の自殺にまつわる報道で最近何かと騒がしい宝塚歌劇団、根強いコアなファンの女子軍団だとか、そういった華やかなイメージが先走る阪急宝塚線を勝手にセレブ路線だと思っている方々がいるようだが、そのイメージ通りの住宅街は相当郊外まで出なければ見当たらず、十三からしばらくは大阪らしいド下町の風景が連なっている。

昔はヘボいローカル駅のイメージでしたが、随分立派なんですね「阪急三国駅」

そこで今回は十三から一つ先の三国駅の界隈を歩く事にした。そう言えば何気に今まで見過ごしてきた地域である。途中下車したことすら記憶にないかも知れない。地下鉄御堂筋線の東三国駅というのもあるが、ここから約1.5キロ離れていて、生活圏としては少し離れている。普通電車しか止まらないローカル駅ながら、その駅舎も駅前広場もなかなか良い体裁で構えている。1998年に高架化工事の末、新駅舎が運用開始、2009年には東口にロータリーが完成、今の駅前風景に変わった。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【淀川区】aikoが歌った「三国駅」の変わらない街並みと変わった街並み、そしてサンティフルみくに商店街|逢阪
劇団員の自殺にまつわる報道で最近何かと騒がしい宝塚歌劇団、根強いコアなファンの女子軍団だとか、そういった華やかなイメージが先走る「阪急宝塚線」を勝手にセレブ路線だと思っている方々がいるようだが、そのイメージ通りの住宅街は相当郊外まで出なければ見当たらず、十三からしばらくは大阪らしいド下町の風景が連なっている。 昔はヘボ...
タイトルとURLをコピーしました