この記事を人に教える

大阪市無駄物件図鑑「WTCコスモタワー」

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

超高層256メートルの「バブルの塔」今なお影を落とす
大阪南港、コスモスクエア。
国際都市大阪の地位を確固たるものにしようと、大阪ベイエリアの3つの人工島を開発して世界でも稀に見る臨海副都心計画が2兆2千億円もの巨費を投じて進められた。その「テクノポート大阪」のプロジェクトをもとに、この場所にコスモスクエアの中心的ランドマークタワーが築かれた。
WTCコスモタワー遠景
それが「大阪ワールドトレードセンタービルディング」、通称「WTCコスモタワー」だ。
西日本最大の高さ256メートル、地上55階建ての超高層オフィスビルは総工費1193億円を投じ、バブル崩壊後の1995年に完成した。大阪市の第三セクターが経営する。


WTCコスモタワー
隣接する「アジア太平洋トレードセンター」と同様、国際貿易の拠点としてオフィスを誘致する計画だったが、やはりバブル期の地価下落と南港への交通の不便さ、賃料の高さなどが理由でテナントが埋まらず、結果、大阪市の関連部署がこぞって「穴埋め」に入居する事態に。そのことからWTCコスモタワーは「大阪市役所第二庁舎」と揶揄されるに至った。
WTC社は2003年6月に債務超過で、同じ大阪市の第三セクターであるATC(アジア太平洋トレードセンター)社とMDC(湊町開発センター)の3社合同で計580億円の債務超過を抱え、特定調停を申請、実質的な破綻状態となった。
コスモタワー1階「フェスパ」
翌2004年に社長に民間人である前伊藤忠都市開発社長の船越洋蔵氏を起用して経営再建を図った。すると2005年には初めて黒字を計上したという。前伊藤忠副社長が社長に就任した兄弟船のATCと全く同じ構図である。現在は入居率も8割後半を維持しており、ほぼ経営健全化しているということらしい。
しかしこれにもカラクリがあって、現在WTCに入っている大阪市関連のテナントは、なんと2倍以上の賃料を支払って入居しているというのだから呆れる。WTCの救済のために大阪市が「過剰支出」している現状、ある意味赤字隠しでもあり、大阪市民を欺いた行為である。
読売新聞:大阪市 WTC・ATCの賃料、現在も「2倍」
WTC-ATC間渡り廊下
WTCコスモタワーへは、最寄りの「トレードセンター前」駅からATC内を潜り抜けて、徒歩3分程度かかる。地下鉄中央線のコスモスクエア駅からも徒歩6分あれば行けるため、朝夕のラッシュ時間帯にはコスモスクエア駅とWTCビルを行き来する大勢のサラリーマンの行列の姿を見ることができる。その何割かは、大阪市職員と関連団体の職員だと思うと、それはそれで笑えるものがある。
相変わらず荒涼とした空き地が目立つコスモスクエアの土地にそびえる巨大建造物WTCコスモタワーの隣が、平日1日600円で利用できるお値打ちな駐車場となっていて、私はいつもそこに車を止めて南港界隈をうろつく事がある。
かれこれ3、400台分は悠々と駐車できるスペースが未だに余っているというのも、このエリアの特殊性を現しているのだが、本来目指す所だったオフィスビルが立ち並ぶ臨海副都心の姿はいつになれば見られるのか。その前に大阪市が財政破綻するのが先だというのがオチになりそうな感じがする。
オフィス一覧
WTCビルの1階に入る。そこでビルの中に入っているオフィスの一覧表を見ることが出来る。実に7割から8割が大阪市の部署と関連団体で占めているのだ。これが「大阪市役所第二庁舎」と呼ばれる所以である。
エレベーターホール
その向こうには豪勢なエレベーターホール。各階へ向かう超高性能エレベーターがズラリと並んでいる。まさに近未来都市の風貌をそのままにしたかのような総ガラス張り、床には総大理石の超豪華「大阪市役所第二庁舎」。低・中・高・超高層階用の4種類のエレベーターが合計24基稼働中である。
コスモタワー内の構造はこの通り。
フロアガイド – WTCコスモタワー
2006年1月現在のWTC入居テナント一覧 – 大阪ベイエリア研究会
日本一の国際貿易ビルには100円ショップとパチスロ
まずはエレベーターに乗る前に、ATC側に広がる3階建て吹き抜けの巨大アトリウム空間「フェスパ」へ向かった。
アトリウム
まさに「コスモタワー」の名称をそのまま体現したかのようだ。夜になれば、光ファイバーが埋め込まれた床から、まるでちりばめられた星のような照明が幻想的な空間を作り出す。
パチスロ
だが、そんなステキな場所にあるテナントは、ショップ99とゲームセンター、そしてパチスロ専門店…なんぼ立派なハコを作ってもなんでもありの雑居ビルに落としてしまうのが大阪市クオリティである。
3階には外国人向け多言語FM放送局「FM COCOLO」のオフィスもある。このビルで「ワールドトレード」してそうなのはこのFM局くらいだ。
「フェスパ」の一角から、有料の展望台への入口がある。確か梅雨シーズンに「雨の日無料サービス」をやっていた記憶があったのだが、去年だけの限定で今年はやってはいないようだ。
入場料は大人800円。高いが登る価値はある。さすがこれだけの贅(税?)を尽くした建物のことだけはある。西日本最高の夜景と言っても構わないだろう。しかも人で混まないので、落ち着いたデートコースには最適である。
しかし大阪DEEP案内取材班は根っからのケチなのでオフィス棟からタダで見られる絶好の風景を楽しむことにした。
オフィス棟は52階の高さまで登る事ができるが、超高性能エレベーターで、地上から天空の世界へは1分も掛からない。
エレベーター
昔とはテナントも変わっていて、49、51、52階はまるごと結婚式場のスペースになっているので一般人の立ち入りは制限される。50階はその名も「ファーストクラス」という高級スカイラウンジで客しか入れない。
47階レストラン街
なので一般人は46、47階のスカイレストラン街からお邪魔する事になる。ある意味こんな「辺鄙」な場所にありながら、それぞれの飲食店は潰れもせず割と順調に営業しているみたいだ。
47階トイレ
47階の男子トイレに入ると、そこからはご覧のような大阪の景色を堪能することができる。オシッコしながら、下界を眺める爽快さは、日本広しと言えども、WTCコスモタワーでしか味わえない感覚だ。

47階トイレからの景色

45階に下りると、そこは大阪市の関連施設「大阪港広報サテライト」である。社団法人大阪港振興協会の事務所と、大阪港と友好国の港の関わりを展示しているスペースがあり、その隣には喫茶店がある。
大阪港広報サテライト
この喫茶店が穴場中の穴場で、もちろん役所仕事なので平日の7時40分から17時までという営業時間だが、コーヒーから軽食まで、全てのメニューが安い。コーヒー220円、トースト150円、ドライカレー400円、ハンバーグ定食480円。WTC内のレストランの相場で考えると4割引程度の値段ではないだろうか。
喫茶店の値段表
この値段表は昔のもので、今は値上がりしている。以前ハンバーグ定食は450円だった。
480円ハンバーグ定食
お昼には青い作業服を着た大阪市職員の皆様がお食事にやって参ります。なるほど「職員食堂」だったわけだ。もちろんハンバーグの味は値段以上にお値打ちのジューシーでお腹一杯になれる逸品です。
参考記事
大阪ワールドトレードセンタービルディング – Wikipedia
大阪ベイエリア研究会

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る