大阪市住之江区一覧

【都会の限界集落】人工島に取り残された団地と高齢者の街「南港ポートタウン」を見る

大阪市住之江区に所在する「南港ポートタウン」という地域。高度経済成長期に人口が急増した大阪市が新住民の受け皿として戦後から埋め立てが進められたこの土地に大型団地が続々建てられ、昭和52(1977)年に街開きした全国的にも珍しい「人工島の大型...

記事を読む

高度経済成長期の勢いを感じさせる前衛的デザインのレトロ大型団地「公団住吉団地」がイカす

広大な面積を誇る大阪市内、高度経済成長期にこの大阪という街には労働力として地方から大勢の人々が移り住み、それぞれ生活を営む為の団地が各所に建造された。その中でもとりわけ存在を知られているのが「住吉団地」という大型団地である。

記事を読む

NO IMAGE

南港咲洲・大阪市の赤字遺産はどうなっているのか (2)

大阪南港コスモスクエア(咲洲)に今も残るバブルの負の遺産...壮大な税金の無駄遣い物件のオンパレードは日本における経済力の衰退とお役所仕事の病理構造をひと目で見て回る事の出来る実験台のようにも思える。今の大阪市は「毒をもって毒を制す」橋下徹...

記事を読む

NO IMAGE

南港咲洲・大阪市の赤字遺産はどうなっているのか (1)

大阪のベイエリアと言えばせいぜい海遊館かUSJくらいしか知られておらず南港咲洲・コスモスクエアの乱開発でかつて大阪市によって莫大な税金を垂れ流して作られた巨大複合施設やバブルの塔、さっぱりお客の入らない海洋博物館やワインミュージアムといった...

記事を読む

NO IMAGE

緑木検車場で触れる大阪市交の歴史 (3)

引き続き大阪市交通局「緑木検車場」からのレポートをお伝えしていきます。 ちなみに「ぴたポン!」も居たらしいけど、会えなかったので、代わりに去年12月に今里筋線が開通した日に井高野駅に出没していたぴたポン!君の写真を用意しときます。 ...

記事を読む

NO IMAGE

緑木検車場で触れる大阪市交の歴史 (2)

創業100年を越え日本最古の公営交通として存在する大阪市営交通の歴史がわかる「緑木検車場」での車両一般公開レポートを引き続きお伝えします。

記事を読む

NO IMAGE

緑木検車場で触れる大阪市交の歴史 (1)

地方公共団体が運営をする、日本における「公営交通」。その中でも大阪市交通局の歴史は、明治36(1903)年の市電開業より104年もの長きにも渡っているのであるが、明治44(1911)年に開業した東京都交通局よりも早く、最も古い「日本最初」の...

記事を読む

NO IMAGE

大阪港国際フェリーターミナル (2)

パンスターフェリーが到着した時の様子は一体どんなものだろうかと気になったので、後日出直して再び見に大阪港国際フェリーターミナルへやってきた。

記事を読む

NO IMAGE

大阪港国際フェリーターミナル (1)

南港コスモスクエアの一角に、なんと船で中国・韓国へ旅行できる国際航路があるという。 コスモスクエア駅から東へ徒歩10分、南港北岸壁に沿って、なんかけったいな形の建物が建っているのがわかるだろうか。 あれが大阪市港湾局が特定アジアから...

記事を読む

NO IMAGE

ふれあい港館 ワインミュージアム

大阪南港は三セク赤字施設の墓場と化しているわけだが、WTCコスモタワーやATC(O's・ITM棟)やなにわの海の時空館といった巨大施設が目立つ一方で、この「ふれあい港館」も忘れてはならない。

記事を読む

【大阪ベイエリア負の遺産】海上に浮かぶ謎のガラスドームは総工費176億円…「なにわの海の時空館」

当記事は2007年以前に制作された「大阪民国ダメポツアー」の記事を移転、さらに加筆されたものです。文章が拙い上に当時の大阪市の行政への不満から毒舌ぶりが際立っていますが何卒ご了承下さい。なお「なにわの海の時空館」は2013年3月10日の営業...

記事を読む

NO IMAGE

大阪市無駄物件図鑑「WTCコスモタワー」

総額2兆円をかけた大阪ベイエリア開発「テクノポート大阪計画」のシンボル的存在。高さ256メートル55階建て、西日本最大級の超高層ビル、中身は「大阪市役所第二庁舎」

記事を読む

NO IMAGE

大阪市消費者センターくらしのひろばエル&商い繁盛館

大阪最大の赤字遺産「ATC」ITM棟3階にある、大阪市の施設。「くらしのひろばエル」では消費者問題を学習でき、「商い繁盛館」では独立開業を目指す人のための情報を得ることができる。しかしどっちもびっくりするほど閑古鳥が鳴いている。お暇な方は行ってみましょう。

記事を読む

NO IMAGE

大阪市無駄物件図鑑「オスカードリーム」

フェスティバルゲートと同じく、大阪市交通局の土地信託事業として1995年3月に開業した複合商業施設。駅前の好立地にも関わらずテナントは次々撤退、275億円の負債を抱え事実上の破綻状態に。経営責任をめぐり信託銀行と大阪市が対立している。

記事を読む

NO IMAGE

大阪市無駄物件図鑑「アジア太平洋トレードセンター」

大阪市の第三セクターの中でも最大級の赤字遺産。アジア太平洋地域の一大拠点として整備、総工費なんと1465億円、しかし12階建てのITM棟は半分以上が空き室状態のまま放置されている。

記事を読む

トップへ戻る