この記事を人に教える

大阪新世界 (4) 大衆娯楽の殿堂編

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

何も通天閣に登って串カツを食べることばかりが新世界ではない。新世界で見逃せないのは、その町並みそのものであると言える。明治・大正・昭和・平成、世代を超えて続く娯楽の殿堂としての「新世界」の姿は、時代の流れの中で隅に追いやられようとも、この地で立派に根を下ろして生きている。
通天閣


さて、新世界と言えば「スマートボール場」である。
スマートボール
昔懐かしい手動のスマートボール台。横から100円玉を投入すると、上から15個程度玉が降りてくる。それを1個1個キューで弾くのだ。当たりが出たら景品はお菓子とか、可愛らしいもんだ。現在のパチンコのように中毒性が高くて家庭崩壊させてしまうような危ない遊戯に比べたらね。
昔の夜店の屋台やひなびた温泉地のゲームコーナーにひっそり置かれているのをたまに見かけるくらいで、パチンコ店と同じ形態の「スマートボール専門店」は数えるほどしか存在しない。
全国規模でも、江ノ島・熱海といった観光地、温泉街を除けば、大阪・新世界「ニュースター」の他は、東京・浅草の「三松館」、それと愛知県の豊橋駅前ときわ商店街の「アサクラ」の3件しかない。
新世界の娯楽と言えば、大衆演劇と映画だ。
shinsekai01.jpg
世間ではDVDだのツタヤだの、もしくはWOWOWだの、自宅で映画を見る傾向が高まっているが、新世界界隈の映画館は入場料も一般のものより安く、この場所だけに限れば未だに映画は庶民の娯楽の王道のようである。
そして新世界においては、映画は映画でも成人映画の部類も多い。
新世界朝日劇場
新世界朝日劇場」は、大衆演劇場として明治時代の「新世界」誕生からおよそ100年近い歴史を持つ劇場だ。
新世界日活
その朝日劇場に隣接するのは成人映画専門「新世界日活」。
画像を処理しています
どんな映画を流すかまではここには書けないぜ!
新世界国際劇場
朝日劇場の少し向こうには、歴史を漂わせるモダン建築が強烈にインパクトを与える「新世界国際劇場」。
ここは1階部分は普通の映画が上映されているのだが、別個で「地下劇場」があり、そこでは成人映画が常時上映されている。値段は800円。西成のオッサン達のリビドーを発散させる場として、活躍している。古びた建物が、新世界独特の大衆文化の歴史そのものだ。
地下の成人映画館に降りると、そこは飢えたオッサンどもが集うハッテン場。中には女装したオッサンやゲイも居るらしく、しかもそれが目的で来る人間まで居るという。なんとも魑魅魍魎とした世界だ。
馬小屋の未亡人
しかし、これどういう内容やねんな。「馬小舎の未亡人」
キャッチフレーズがまた凄い。
「あの世の亭主は馬並で…この前の男が人並だった。いっそ、本当の馬(以下自主規制)」
手描きの映画看板
国際劇場の入口には、なんとも味のある手描きの映画看板がびっしり覆っている。
新世界は何でも庶民価格。映画館だって、最近流行りの小洒落たシネマコンプレックスに比べれば明らかに時代遅れなものの、たいていの映画館は千円以内で入れる。なお、この近辺だと飛田新地の近くにも「トビタシネマ」がある。
並んでいる人々
国際劇場の隣には、何かを待つ人々の群れがあった。
大衆演劇浪速クラブ
その先には「大衆演劇浪速クラブ」。昭和31年創業の、日本最古の大衆演劇場なのだ。
ホームページに書かれている通り、日本一粗末な建物で日本一安い入場料で自慢の役者を揃えて営業を続けている、筋金入りの劇場だ。3時間も観劇が楽しめてたったの1200円なのである。
幼稚園児の列が...
さっきの成人映画もだが、場所が場所だけに、子供の教育にはよろしくないのだが、すぐ隣が天王寺動物園なので、遠足にやってくるお子様もバンバン新世界を通りがかるのだ。なんとも複雑な空間である。
映画館の隣を女子小学生が...
「馬小屋の未亡人」のポスターの真横を、制服を着た小学生の子が通り過ぎていく。この女の子は将来どう育っていくのだろうか。
わんこ
そんなこと知らんがな。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る