「 大阪府 」一覧

全309件中 106〜120件目を表示

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (4) レトロ長屋住宅

千林商店街のアーケードを外れ、再度トポス跡のパチンコ屋まで戻ってきた。 このパチンコ屋の周辺も戦災を受けていないエリアなので戦前から残る家屋が多く、見応えのあ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (3) 今市商店街

スーパー「ダイエー」創業の地、千林。 安売り王と呼ばれた男・中内功氏の伝説の地も、いまやパチンコ屋がデーンと建っているというお粗末な状況に堕しているのが平成日本...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (2) ダイエー創業の地

大阪を代表する下町商店街「千林商店街」、テレビでおばちゃんのインタビューに出てくる事では有名だが、もう一つ有名なのがスーパー「ダイエー」創業の地であるという事。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (1) 一十百千せんばやし

京阪電車の千林駅で降りる。そこは大阪市旭区と守口市の境目にあり、大阪屈指の巨大商店街「千林商店街」が目の前に広がる素の下町ゾーン。 各駅停車しか止まらない千林...

>記事全文を読む

パナソニックの企業城下町だった…大阪府下トップクラス貧民街「門真」を歩く (全3ページ)

パナソニックの企業城下町だった…大阪府下トップクラス貧民街「門真」を歩く (全3ページ)

大阪京橋から京阪電車に乗って門真市にやってきた。 門真市は大阪近郊にある都市で、市の面積は大阪市内の区とそれほど変わらない小規模な自治体ではあるが、これまで松...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (4)

大阪都心に程近い毛馬桜之宮公園の大川沿いに残る廃品回収業者のバラック建築群を引き続き見物して行く事にする。 土手に沿って立ち並ぶバラック建築群の間に緑色のフェ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (3)

毛馬桜之宮公園の敷地に立ち並ぶ異様なバラック建築群を眺めながら桜ノ宮駅から大川沿いに南側まで抜けてきた。 公園側からバラック建築を見て来た訳だが全て建物の裏側...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (2)

JR桜ノ宮駅南側にある毛馬桜之宮公園には、公園脇の土手に何軒も戦後のドサクサで作られたとみられるバラック小屋が並んでいる。かの「アパッチ族」の末裔なのか真相は分...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (1)

戦後のドサクサ風景が未だに楽しめる大川沿いの毛馬桜之宮公園一帯。在日コリアンの祈祷場「龍王宮」は姿を消したがその南側一帯の土手沿いに広がる廃品回収業者の建物はま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

毛馬桜之宮公園・コリアン祈祷所「龍王宮」跡地 (2)

JR桜ノ宮駅前に今も残る戦後の残滓、廃品回収業者「高田商店」の敷地および在日コリアンの祈祷場「龍王宮」は土地所有者の死去によってその歴史に幕を閉じた。戦後という...

>記事全文を読む

NO IMAGE

毛馬桜之宮公園・コリアン祈祷所「龍王宮」跡地 (1)

以前大阪DEEP案内でお伝えしたJR桜ノ宮駅前の大川鉄橋下に広がる不法占拠バラックの存在。これは在日コリアン独特の信仰であるシャーマニズムの祈祷施設として使われ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園内の砂利採取工場

大阪の都心に程近く、淀川の支流として中之島に流れ注ぐ大川沿いには今も「戦後」を思わせる不法占拠バラック村が残っていたりして香ばしいエリアがいくつもある。 特に桜...

>記事全文を読む

NO IMAGE

キッズプラザとホームレス村の「扇町公園」 (2)

日本一長いアーケード街「天神橋筋商店街」至近、巨大な「扇町キッズパーク」の珍建築が際立つ扇町公園。ここは大阪市内でもとりわけ沢山のホームレスが住み着く公園の一つ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

キッズプラザとホームレス村の「扇町公園」 (1)

大阪駅の隣、JR天満駅にも程近い扇町公園は都心に隣接するいわゆる都会のオアシス的空間であると言うにしては色々と複雑な事情を抱える公園である。 大阪市営の公園とし...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・大阪天満「樋之口町」バラック村 (6)

結局大川の河川敷から直接都島橋に上がって行けないので、今来たばかりの樋之口町の路地裏を引き返して橋の前まで辿り着いた。 先程のバラック村からも見えたサイゼリヤ...

>記事全文を読む

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る