大阪府一覧

NO IMAGE

天王寺レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」 (2)

「あべの銀座商店街」が消えてしまった今、天王寺駅前に唯一残る昭和の残滓「阪和商店街」の内部を引き続き散策する。 谷町筋方面から入ると南北二本のアーケード街が50メートル程並行している。現役の店はすべからく居酒屋ばかりだが、本来は菓子問屋や...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」 (1)

阿倍野再開発事業で誕生するショッピングモール、そして近鉄の超高層ビル計画、そして次々と街から追い出されるホームレスと売春婦。急速に街が漂白されていく感のある大阪第三のターミナル「天王寺」。 天王寺駅北口に降り立つ。もはや昭和の残滓は殆ど消...

記事を読む

NO IMAGE

阿倍野再開発地区・消えた「あべの銀座商店街」

以前当サイトでもお伝えした「阿倍野再開発地区」。天王寺駅南西部一帯の阿倍野区金塚地区を大胆に更地にした挙句大阪市が主導になって大規模な再開発が長年続けられてきた訳だが、バブル崩壊の煽りを受けたり、杜撰で計画の甘い大阪市の体質などが災いして2...

記事を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (7) 京阪電車のガード下

千林商店街界隈をうろうろしまくった大阪DEEP案内取材班、最後は京阪電車のガード下を潜った反対側に出てみる事にした。 戦前の街並みが残る千林らしく、京阪電車の千林ガードも戦前からのもので相当古臭い。ここを渡ると住所は旭区清水。そのまま道な...

記事を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (6) じゃんじゃん横丁<後編>

下町の路地裏迷宮ワールド・千林じゃんじゃん横丁界隈を引き続き探索する。 路地の横道のそのまた路地裏にも居酒屋の店舗が残っている。なにやら古めかしい「キリン生ビール」の看板までそのままになっていて昭和の匂いがプンプン。

記事を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (5) じゃんじゃん横丁<前編>

大規模アーケード商店街やレトロ長屋だけが千林ではない。非戦災地区だったため区画整理とは全く無縁の街だった千林の駅前には「千林じゃんじゃん横丁」(Not新世界)なる路地裏迷宮ワールドが存在している。 千林じゃんじゃん横丁は京阪電車の千林駅を...

記事を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (4) レトロ長屋住宅

千林商店街のアーケードを外れ、再度トポス跡のパチンコ屋まで戻ってきた。 このパチンコ屋の周辺も戦災を受けていないエリアなので戦前から残る家屋が多く、見応えのある街並みが随所に残る。 パチンコ屋の建物をぐるりと北側に回り込むと同じくパチ屋の...

記事を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (3) 今市商店街

スーパー「ダイエー」創業の地、千林。 安売り王と呼ばれた男・中内功氏の伝説の地も、いまやパチンコ屋がデーンと建っているというお粗末な状況に堕しているのが平成日本における千林商店街の現状。 そのパチンコ屋の正面から今市商店街というもう一つの...

記事を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (2) ダイエー創業の地

大阪を代表する下町商店街「千林商店街」、テレビでおばちゃんのインタビューに出てくる事では有名だが、もう一つ有名なのがスーパー「ダイエー」創業の地であるという事。 ダイエー創業者・中内功氏が千林駅前に初めて「主婦の店ダイエー薬局」を昭和32(...

記事を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (1) 一十百千せんばやし

京阪電車の千林駅で降りる。そこは大阪市旭区と守口市の境目にあり、大阪屈指の巨大商店街「千林商店街」が目の前に広がる素の下町ゾーン。 各駅停車しか止まらない千林駅。久しぶりに来てみたら駅の看板やら電車やらが全てリニューアルされてしまい京阪電...

記事を読む

パナソニックの企業城下町だった…大阪府下トップクラス貧民街「門真」を歩く 

大阪京橋から京阪電車に乗って門真市にやってきた。 門真市は大阪近郊にある都市で、市の面積は大阪市内の区とそれほど変わらない小規模な自治体ではあるが、これまで松下電器(現パナソニック)の企業城下町として栄えた工業都市でもある。

記事を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (4)

大阪都心に程近い毛馬桜之宮公園の大川沿いに残る廃品回収業者のバラック建築群を引き続き見物して行く事にする。 土手に沿って立ち並ぶバラック建築群の間に緑色のフェンスで区切られた空き地が虫食いのように存在している。元々の不法占拠の地主が立ち退...

記事を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (3)

毛馬桜之宮公園の敷地に立ち並ぶ異様なバラック建築群を眺めながら桜ノ宮駅から大川沿いに南側まで抜けてきた。 公園側からバラック建築を見て来た訳だが全て建物の裏側にあたる。正面口は土手上の車道に面しているので、今度はそちら側から建物を一望して...

記事を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (2)

JR桜ノ宮駅南側にある毛馬桜之宮公園には、公園脇の土手に何軒も戦後のドサクサで作られたとみられるバラック小屋が並んでいる。かの「アパッチ族」の末裔なのか真相は分からず。リアル「夜を賭けて」状態のトタンストリートを見学。 公園側から見るバラ...

記事を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (1)

戦後のドサクサ風景が未だに楽しめる大川沿いの毛馬桜之宮公園一帯。在日コリアンの祈祷場「龍王宮」は姿を消したがその南側一帯の土手沿いに広がる廃品回収業者の建物はまだまだ健在。その様子を見に行く事にする。 JR桜ノ宮駅に程近い場所にある公園の...

記事を読む

NO IMAGE

毛馬桜之宮公園・コリアン祈祷所「龍王宮」跡地 (2)

JR桜ノ宮駅前に今も残る戦後の残滓、廃品回収業者「高田商店」の敷地および在日コリアンの祈祷場「龍王宮」は土地所有者の死去によってその歴史に幕を閉じた。戦後というかそれ以前の1920年代から存在していたとの話もあり、大阪に長年住む在日コリアン...

記事を読む

NO IMAGE

毛馬桜之宮公園・コリアン祈祷所「龍王宮」跡地 (1)

以前大阪DEEP案内でお伝えしたJR桜ノ宮駅前の大川鉄橋下に広がる不法占拠バラックの存在。これは在日コリアン独特の信仰であるシャーマニズムの祈祷施設として使われた聖地「龍王宮」の成れの果てである。 梁石日原作「夜を賭けて」にも描かれた戦後...

記事を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園内の砂利採取工場

大阪の都心に程近く、淀川の支流として中之島に流れ注ぐ大川沿いには今も「戦後」を思わせる不法占拠バラック村が残っていたりして香ばしいエリアがいくつもある。 特に桜ノ宮周辺はアパッチ族の末裔ではないかと思われる在日コリアンの祈祷場「龍王宮」や廃...

記事を読む

NO IMAGE

キッズプラザとホームレス村の「扇町公園」 (2)

日本一長いアーケード街「天神橋筋商店街」至近、巨大な「扇町キッズパーク」の珍建築が際立つ扇町公園。ここは大阪市内でもとりわけ沢山のホームレスが住み着く公園の一つで、扇町キッズパークなる華やかなハコモノの反対側、公園の南西一角はすっかり土地を...

記事を読む

NO IMAGE

キッズプラザとホームレス村の「扇町公園」 (1)

大阪駅の隣、JR天満駅にも程近い扇町公園は都心に隣接するいわゆる都会のオアシス的空間であると言うにしては色々と複雑な事情を抱える公園である。 大阪市営の公園として1923年に開園する前は堺市に所在する大阪刑務所の前身である堀川監獄(大阪監獄...

記事を読む

トップへ戻る