この記事を人に教える

福知山の盛り場・中ノ町飲食街内「浮世小路」の看板に描かれた花魁がやけに艶かしい件

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

<1ページ目を読む

福知山市

…という訳で夜の中ノ町飲食街です。夜になっても酔客が闊歩しているような様子もあまりなく、地元のオッサンが飲んだくれているだけといった印象。まあそれでも所々ネオンがギラギラしとります。

福知山市

店の外観から既にタイガースファンであることをアピールする家庭料理のお店もあり。やっぱり福知山も関西圏である事がよく分かる光景である。

福知山市

案の定、夜になるとこんな感じの店が開いていたりするのだ。北近畿ではこうした場所自体がもはや珍しい。舞鶴勤務の自衛隊員だって、たまに遊ぶ時にはやはり京都や大阪まで遠征するのがデフォだという。大変そうですね。

福知山市

浮世小路の花魁看板もこの通り。しかし人通りはあまり無く全体的に雰囲気は寂しい。開いている飲食店も、やけに焼肉屋が多いというのも場所柄か。

福知山市

路地裏の頭上一列に並ぶ赤提灯の灯りが辛うじて盛り場の趣きを放っている。このまま寂れる一方でそのうち店も無くなっていくのだろうか。

福知山市

御霊神社に面した側の旅館街も赤提灯が灯り始めていよいよ本領発揮し始める。そんなに観光客が来るような土地でもないのにこの一画だけやけに旅館が多いのは、何か別の需要があっての事だろうかと勘繰ってしまう。

福知山市

改めて中ノ町飲食街の夜を見ると、やっぱり雰囲気的にビンゴな感じはしますよね。決して華やかではない、どこか湿っぽい感じ。やはり福知山も京都の一部である。京都らしい湿っぽさどすえ。

福知山市

この日部屋を取っていた三到旅館の玄関口には常時ビタっと居座って離れない猫さんが我々を出迎えてくれた。場所柄だけの事か知らんが隣にはヤンキーな姉ちゃんがうんこ座りしながらタバコをふかしているのが印象的だった。

福知山市

やけに人馴れしまくっている猫さん。宿のおばちゃんに聞いたが、飼い猫ではなく野良猫らしい。ここでまた「野良猫は遊女の生まれ変わり説」を唱えるのである。

福知山市

我々が充てがわれたのは共用廊下からふすま一枚隔てただけのオールドジャパニーズスタイルな日本の宿といった畳の部屋だった。一階の風呂なんかも普通に人の家のそれと変わらないし、終始アットホームな宿でした。

福知山市

この旅館、部屋に名前がそれぞれ付いているんだけど「玉井」と書かれた部屋があって、これってもしかして赤線玉の井の事かと一瞬鼻息が荒くなってしまった。やはり、場所柄だけにそういう方向に頭が働いてしまうんですね。

福知山市

翌日福知山を離れる時、とある交差点の角にフィリピンパブの広告看板が複数貼り付けられている珍妙な光景を目にした。やはりこの街で流行りなのはフィリピンダンスショーなんでしょうかね。結局御霊神社周辺と猪崎新地しか行ってないので、それ以上は分からなかったのだが、殊の外福知山にはフィリピン人が多い土地なのだろうかとは感じた。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る