【川西市】のせでんに揺られて行く関西の奥座敷・能勢妙見山「妙見の森ケーブル」乗り納め【能勢町】

川西市
©Masayoshi Osaka

毎年、晩秋のシーズンには山に出掛けて紅葉狩り…というのが昔の家族連れレジャーの定番だった。しかしいざ登山となると装備も必要だし色々と下準備が要る。そこで全国各地には観光登山の便宜を図るためにケーブルカーが建設されていった。その一覧を見ると、最もその数が多いのは関西地方である。

六甲山に摩耶山、鞍馬山に比叡山に石清水八幡宮(男山)、そして生駒山に信貴山、それから高野山…その多くが山上に有名な霊場を構えており、その参詣路線として整備されたものが多い。現存するもので一番古いのは大正7(1918)年に建設された奈良県生駒市にある生駒ケーブル宝山寺線だが、他の路線も概ね大正から昭和の時代に作られたものばかりだ。

リアルな関西人しかわからんやろうなあ「妙見の森ケーブル」…最初で最後の乗り納めや!
「妙見の森ケーブル」運行終了、63年の歴史に幕 詰めかけたファン「寂しい」「ありがとう」 川西
兵庫県川西市黒川の妙見山で行楽客らに親しまれてきた「妙見の森ケーブル」(黒川-ケーブル山上駅)が3日、63年の歴史に幕を閉じた。最後の雄姿を一目見ようと始発から多くのファンが訪れ、思い出話に花を咲かせつつ別れを惜しんだ。(浮田志保)

しかしつい最近になってケーブルカー路線の一つが廃止された。兵庫県川西市黒川に所在する能勢電鉄の妙見の森ケーブル(2013年、妙見ケーブルから改称)だ。昭和35(1960)年に開業し、63年の歴史に幕を閉じたと一部のメディアに報じられているが、厳密にはその前身となる「妙見鋼索鉄道」が存在し、これが戦時中の昭和19(1944)年に廃止される以前、大正14(1925)年8月1日に開業したものが最初となり、通算すると98年にわたる。日蓮宗の関西における代表的霊場である通称能勢妙見山への参詣路線として建設されたものだ。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【川西市】のせでんに揺られて行く関西の奥座敷・能勢妙見山「妙見の森ケーブル」乗り納め【能勢町】|逢阪
毎年、晩秋のシーズンには山に出掛けて紅葉狩り…というのが昔の家族連れレジャーの定番だった。しかしいざ登山となると装備も必要だし色々と下準備が要る。そこで全国各地には観光登山の便宜を図るためにケーブルカーが建設されていった。その一覧を見ると、最もその数が多いのは関西地方である。 六甲山に摩耶山、鞍馬山に比叡山に石清水八幡...
タイトルとURLをコピーしました