この記事を人に教える

大阪下町の台所「千林商店街」 (4) レトロ長屋住宅

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

千林商店街のアーケードを外れ、再度トポス跡のパチンコ屋まで戻ってきた。
105-146.jpg
このパチンコ屋の周辺も戦災を受けていないエリアなので戦前から残る家屋が多く、見応えのある街並みが随所に残る。
パチンコ屋の建物をぐるりと北側に回り込むと同じくパチ屋の駐輪場となった空き地が並び何ともやりきれない風景だが、その先の住宅地に入っていくと素敵な住宅が残っていた。


105-147.jpg
何の変哲もない下町の一角に、明らかに戦前建築と思われる立派な瓦屋根の長屋が連なっていた。
105-148.jpg
横幅50メートルくらいで、二棟の長屋が規則正しい門構えで並んでいる。貧乏臭い「文化住宅」ばかりと思っていた大阪の下町にこんな気品溢れる集合住宅が残っていようとは、まだまだ捨てたものではないな大阪も。
105-149.jpg
長屋のそばに立って路地に沿って眺めると、なかなか迫力のある風景である。路地にはひっきりなしに買い物の行き帰りに通り抜ける「大阪のおばちゃん」あり。
105-153.jpg
二棟続きの長屋は商店街に近い西側に4軒、東側には5軒の家屋が並んでいる。非戦災地区とはいえ目立ってレトロなのはこの長屋くらいで、他は概ね建て替えられたりしていて風情が損なわれているのが残念。
105-152.jpg
二棟並んだ間の隙間がちょうど家主さんの自宅となっている模様。建物裏に家主宅があって、住宅の間がアプローチになっていた。
105-151.jpg
建物には高級な国産檜に銅板、三河の瓦にタイルがふんだんに使われた和洋折衷スタイル。昭和12(1937)年築との事で築70年以上になる訳だが、古さを全く感じさせる事はない。
地図を見て気付いたが、京阪電車が路面電車だった頃の廃線跡をこの建物がかすめている。路面電車が高架化されたのが昭和6(1931)年の事。
105-154.jpg
窓枠と庇に嵌め込まれた銅板も鮮やかな青銅色を発していて建物の風合いを引き出している。細かいタイル貼りの壁もアクセントになってますね。
105-150.jpg
今でも住宅として使われてもいるが、一部は古民家レトロカフェとして営業している部屋もある。中崎町や空堀のようなアートな若者がこぞって「オサレトロ」なノリになるとまた違うような気もするが、千林に限ってはまだまだ素の表情を保っている。
105-155.jpg
近所には昔から残されたままの石畳の路地まであるが、周りの建物はすっかり建て替わってしまい石畳だけがぽつんとあるだけ。あまつさえ家並みの向こう側にはスーパー玉出のド派手な電飾看板が現れて、いよいよ大阪の良心であるこの土地にもDQN化の波が迫り来るかのようだ。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る