この記事を人に教える

アマのえべっさん「尼崎戎神社」と天空の楽園ラピュタ

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

阪神尼崎駅前から西に向けて怪しげな路地を通りすぎていくとその先には巨大な赤鳥居がそびえる「尼崎戎神社」がある。

尼崎市 阪神尼崎

兵庫県の戎神社と言えばもっぱら福男ダッシュで有名で、戎神社の総本社である「西宮戎神社」が広く知られているが隣の尼崎にも戎神社があるのだ。そしてこの神社の周りも当然ながら胡散臭い。

尼崎市 阪神尼崎

尼崎戎神社の境内は十日戎の準備が始まっていたようであれこれ作業中の様子が見られた。実は現地に赴いたのが1月なんですが…関東ではお酉さまで熊手を買うのが商売繁盛祈願のしきたりだが関西では戎神社に笹を持っていく。

尼崎市 阪神尼崎

面白い事に神社の境内は児童公園と一体化している。あらこんな所に坂田師匠じゃなかった、顔だけ出したタコが埋まってますよ。訳の分からないセンスの公園である。

尼崎市 阪神尼崎

住所が神田中通なので神田公園。それにしてもこの注意看板のイラストも気になる。「はずかしい干し物」って何だよ。ホームレスが布団を干すのか?

尼崎市 阪神尼崎

「尼のえべっさん」と書かれた提灯が何とも関西テイスト。尼崎戎神社の境内を出るともう目の前がギラギラネオンのソッチ系店舗ばっかり。いやあ年がら年中おめでたい街ですね。

尼崎市 阪神尼崎

そんな神社兼公園の中には在日コリアン系が多い場所柄か知りませんが韓国産トッポギ用ヤンニョンジャンの袋が大量にバラ撒かれていました。ゴミ出しのルールもケンチャナヨでございましょうか。さすが尼崎です。

尼崎市 阪神尼崎

神社はともかく児童公園の真ん前がこれなのだから風営法云々なんてあって無いようなもんですが尼崎ではこれがあたり前田のクラッカーでございます。恋愛コース10000円ポッキリだそうです。

尼崎市 阪神尼崎

同じ雑居ビルにピンク系のお店が複数入居している。神社の真向かいだろうが所構わずいかがわしい火遊びが楽しめる尼崎クオリティはマジ半端ないです。

尼崎市 阪神尼崎

神社の横っちょの路地から尼崎戎神社の無駄に巨大な赤鳥居が見える。いかがわしい風俗店に負けない程にド派手で自己主張の激しい神社である。尼崎の街ではこのくらい出しゃばらないと生き残れません。

尼崎市 阪神尼崎

どうやら同じ系列の店舗が罰当たりな事に神社の周囲に複数店を構えているらしく神社の隣のビルの壁に随分たいそうな広告看板がドデーンと鎮座している。ん?左が「天空の楽園」で右が「地上の楽園」だと…しかし「ラピュタ」に「アトランティス」って…おい!

ラピュタは尼崎にあったんだね!(パズーの声で再生)

しかし…現在はこの看板、無くなってしまったそうです…「バルス」しちゃいましたか…

尼崎市 阪神尼崎

看板に従い地上の楽園方面に進むと場末のスナック街みたいなものが現れだした。その先はもちろん北朝鮮などではなく阪神尼崎駅である。



The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る