かつて枚方は“軍都”だった…中宮団地周辺に残る「禁野火薬庫」と「陸軍造兵廠枚方製造所」の痕跡を探す

京阪電車に乗って行く、大阪と京都の間のベッドタウン都市「大阪府枚方市」。今でこそ郊外の住宅地というイメージしか見当たらない地域であるが、戦前までは旧陸軍による軍需工場が多数存在していた“軍都”としての歴史も有していた土地である。以前に訪問した市内屈指の大型団地「香里団地」も昔は東京第二陸軍造兵廠の「香里製造所」の跡地だった。

ところで今回は同じ枚方市内の他の場所にも旧陸軍の軍需工場跡があるという事で気になって現地にやってきた。「大阪陸軍造兵廠枚方製造所」および「禁野火薬庫」である。住所で言うところの枚方市禁野本町・中宮北町・上野などに跨る一帯で、現在はやはり香里団地同様にUR都市機構の「中宮団地」となっている。京阪枚方市駅からはバスを使った方が良い立地だが、隣の御殿山駅からでも歩いて来られる。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.