かつては激裏スポットだった、和歌山市某所にある謎のレトロ飲み屋街を見物する

和歌山市
©Masayoshi Osaka

いま世間一般では、夏休み期間の真っ最中である。お子様のおられるご家庭にとっては長い夏休みで自分の仕事との兼ね合いで子供の預け先や弁当作りに悩ましい時期でもあり、また近所の夏祭りに足を運んでは、束の間の非日常的空間を楽しむのが恒例だ。京都では祇園祭が、大阪でも天神祭が、4年ぶりにコロナ禍以前の通常開催で、連日の異常な猛暑の中、盛大に繰り広げられた。

「人の目を気にして生きてきた」無実訴える林真須美死刑囚の長男が苦悩語る 和歌山毒カレー事件25年(読売テレビ) - Yahoo!ニュース
和歌山市で起きた毒入りカレー事件から25日で25年です。事件を知らない世代も増える中、当事者たちは今も、事件と向き合い続けています。  林真須美死刑囚 『もう、25年目の夏です』 『私、林真須美

一方で和歌山市でちょうど25年前、1998年7月25日にあったのが毒物カレー事件…どこにでもあるような地域の夏祭りで何の気無しに作っていた大鍋のカレーに何故か猛毒の亜ヒ酸が混入されて、小学校4年生の男児を含む4人の命が奪われた。なのでこの時期というと、どうしても和歌山という土地に意識が向いてしまいがちなんですね…

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【やにこい闇深】かつては激裏スポットだった、和歌山市某所にある謎のレトロ飲み屋街を見物する|逢阪
いま世間一般では、夏休み期間の真っ最中である。お子様のおられるご家庭にとっては長い夏休みで自分の仕事との兼ね合いで子供の預け先や弁当作りに悩ましい時期でもあり、また近所の夏祭りに足を運んでは、束の間の非日常的空間を楽しむのが恒例だ。京都では祇園祭が、大阪でも天神祭が、4年ぶりにコロナ禍以前の通常開催で、連日の異常な猛暑...
タイトルとURLをコピーしました