【大阪移民街2024】令和六年、大国町のベトナミーズタウンがさらに進化していた件

大阪市浪速区
©Masayoshi Osaka

DEEP案内編集部の記事の読者の皆様、あけましておめでとうございます。新年早々、能登半島地震や羽田空港での旅客機衝突事故と立て続けに悲惨な出来事で幕を開けて、皇居での新年一般参賀すら取りやめとなってしまった、出だしから不吉で波乱含みの2024年ですが、読者の皆様には本年も変わらず当方書き下ろしの記事の数々をお読みの上、街ネタ盛り沢山の充実した日々を過ごして頂けるよう祈念致します。

大阪の新年の風物詩「今宮戎神社の十日戎」

…というわけで新年一発目のネタはまず大阪からなんですが、今の時期は「今宮戎神社」で開催される新年恒例の「十日戎」の真っ最中。関西一円の商売人が集まっては“べっぴんさん”な福娘の皆様に手持ちの福笹を渡して縁起物を取り付けてもらい一年の商売繁盛を祈願する参拝者と、その様子をガチなカメラを持ったオッサン共がパシャパシャ撮りまくる、毎度おなじみの光景が見られる。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【大阪移民街2024】令和六年、大国町のベトナミーズタウンがさらに進化していた件|逢阪
DEEP案内編集部の記事の読者の皆様、あけましておめでとうございます。新年早々、能登半島地震や羽田空港での旅客機衝突事故と立て続けに悲惨な出来事で幕を開けて、皇居での新年一般参賀すら取りやめとなってしまった、出だしから不吉で波乱含みの2024年ですが、読者の皆様には本年も変わらず当方書き下ろしの記事の数々をお読みの上、...
タイトルとURLをコピーしました