【大阪十年一昔】ホームレスの溜まり場と化していた「天王寺公園」事情

キタやミナミほどではないが、大阪を代表するターミナルエリアとして君臨する「天王寺・阿倍野」。そのシンボル的な存在でもあり、また大阪を代表する公園として長く市民に親しまれている「天王寺公園」。

だが、その天王寺公園は隣接する日本最大の労働者の街・西成区のあいりん地区から流れてくる労働者、路上生活者の群れで溢れ返り、一見すると異様な光景を見せている。行くあてもなく昼間から寝転がるばかりのホームレス、将棋広場と化す天王寺公園前の大広場。そして、かつては公園中に響き渡っていた「青空カラオケ」の大音響で、長らく凄まじい状況を呈していた。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.