【神戸市】源平合戦の地「須磨区一ノ谷町」に残る谷間のバラック村が壮絶すぎた

いつも酒鬼薔薇事件が槍玉に上がる「神戸市須磨区」、同じ神戸市内にありながら須磨海浜公園やら何やらレジャースポット感の強い土地ではあるが、その一方で神戸中心部や大阪市内などに通うサラリーマン家庭が多く住むベッドタウンとしての性質も持つ。国道2号線から山側は概ねそうした住宅地で占められているのだが…

今回やってきたのは、JRおよび山陽須磨駅から山側に位置する、有名な須磨寺にも程近い、とある住宅地の一角。古くは平安時代の源平合戦における「一ノ谷の戦い」でも知られる土地にひっそりと存在する戦後の面影が色濃く残るバラック村を見に来たのが目的だった。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.