【忘れない1.17】阪神淡路大震災から27年経ちましたが、ここで「新長田」の街並みをご覧下さい【アスタくにづか】

神戸市

日本国内では新型コロナウイルスのオミクロン変異株が猛威を振るい、あっという間に“第5波”のピークを超えて全国の病院がヒイヒイ言っているわ、そうかと思えば太平洋の島国トンガの火山が大規模噴火を起こして全世界で津波が観測されるわ、今年2022年も“天変地異”感満載で始まったわけですが、その一方でもう忘れ去られようとしているのが27年前の今日、1995年1月17日に起きた「阪神・淡路大震災」…


そんなメモリアル・デーに我々編集部がお届けするの街ネタは、神戸市の中でも震災の被害がとりわけ深刻だった長田区の「新長田」…神戸の中の下町を代表するエリアであるが、震災後の復興計画で駅周辺はガッツリ再開発で変貌してしまっている。実際この地域が震災から四半世紀でどのように変わったのか、少し歩き回って確かめてみようと思う。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました