【ご近所トラブルの現場】堺市西区・暴力行為で逮捕された「通せんぼおじさん」の家の前を見てきた

2017年11月、大阪府堺市西区上の住宅街の路上で、通行人の男性を押し倒して暴力を振るった「地主」を自称する79歳(当時)の男が逮捕された。この男は長年自宅前の道路に向かって日中座り込み、そこを行き交う人々に「ここは俺の土地や」などと難癖をつけ通せんぼをする事で近所には「通せんぼおじさん」と呼ばれていたらしい。

またまた香ばしいご近所トラブルが大阪で…と聞いてしまうとウズウズして見に行かずにはいられない、ゲスの極み大阪DEEP案内取材班が現地にやってまいりましたよ。場所はJR阪和線鳳駅から南東に1キロほど離れた住宅街である。アリオ鳳からちょっと脇道に入っていったあたりのところですね。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.