【関西の闇】大阪・堺市鳳ムエタイジム監禁致死事件の現場を訪れる

関西という土地は、他地方の人間にとって理解の範疇を超える刑事事件が起きる事がしばしばある。尼崎の連続監禁・怪死事件も記憶に新しいが、事件の全容を語る事のないまま警察の勾留施設内でひっそり自殺した角田美代子被告のような「モンスター」はこの土地には無数存在し、こうした特殊な人種が人の弱みにつけ込み恐怖と洗脳で人を自由自在に操り、時には人を死に至らしめる事もある。

こうした事件がまたしても関西で起きてしまった。大阪府堺市鳳にあるムエタイジムの関係者であった男性が凄惨な暴力と長期に及ぶ監禁の末に死亡するという事件が報じられた。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.