【市営住宅】日本橋でんでんタウンの裏にドヤ街・釜ヶ崎の前身「長町スラム」がありました【軍艦アパート】

大阪市西成区萩之茶屋、太子およびその周辺一帯に日本最大級の簡易宿泊所密集地帯「ドヤ街」を形成している、通称“あいりん地区”こと釜ヶ崎地域。その歴史の始まりは明治中期であり、元々あった場所から移転させられてきたという事は過去に当サイトでも触れている。明治36(1903)年に開催された「第五回内国勧業博覧会」の会場となった現在の天王寺公園・新世界付近と大阪市中を結ぶ道すがらにあったスラム街を“お上の都合”で強制移転したというのがその理由だ。

釜ヶ崎の前身である「長町スラム」と呼ばれる場所は、何を隠そう現在の日本橋でんでんタウン付近の堺筋沿いにあったのだ。ここは大阪市中に入る南の玄関口でもあり、紀州街道の一部となる堺筋沿いに江戸時代から旅籠がずらりと連なる街が形成され、そこから「長町」という地名が付いた。しかし厳密に言うと、街道沿いの宿場町であった堺筋沿いの裏手に粗末な木賃宿や細民窟が連なっていたらしい。ゆえに「長町裏スラム」と記述している例もみられる。

そうそう、地名こそ「日本橋」とは言うけれども電気街への最寄りは日本橋駅ではなく隣の地下鉄堺筋線恵美須町駅。江戸時代まで存在していた「長町」の地名は明治初期までに早々に「日本橋筋」に改められ、現在当該地域の住所表記は「中央区日本橋一・二丁目」「浪速区日本橋三~五丁目、日本橋西一・二丁目、日本橋東一~三丁目」である。特に長町スラムがあったのは電気街の裏という事になる。

覚えてますか“軍艦アパート”…でんでんタウンの両サイドにでかい市営住宅が

「日本橋でんでんタウン」がある堺筋から外れた裏手あたりがかつての長町スラムがあった場所ということだが、貧民・細民が肩を寄せ合い暮らしてきたその街の歴史は一世紀を隔てた現代でも「市営住宅」という形で受け継がれている。難波・天王寺徒歩圏の都心の一等地とも呼べる場所に、惜しげもなく高層の市営住宅がボコボコ並んでいる光景が見られるのだ。

堺筋の東側にそびえる「大阪市営日東住宅」。1~3号館まであり、それぞれ13~14階建てで、この3棟だけでも360世帯以上が暮らしている団地になる。いずれも2000年代後期に建てられたものだが、この市営住宅の前身となる「北日東住宅」「南日東住宅」および阪神高速東側にあった「下寺住宅」の3つはかつて「軍艦アパート」と呼ばれていた、全国的に有名なヴィンテージ団地だったものだが2006年までに全て解体されている。

北日東住宅跡地は一部マンションに建て変わってはいるが、東側一面は「北日東ふれあい広場」と称した、がらーんとした何もない公園になっている。さらにここから阪神高速を挟んですぐ東側にあった下寺住宅跡地は「ライフ下寺店」とマンションとコインパーキングに、南日東住宅跡地は現在の日東住宅2号館に変わっている。

ドキッ!お好み焼き屋だらけの「大阪市営日本橋住宅」

今度は堺筋の西側に入るとこちらにも高層の市営住宅がどしどし建ち並んでいるのが見られるわけだ。こちら側には「大阪市営日本橋住宅1~5号館」「大阪市営西日本橋住宅」の6棟がある。どちらも地下鉄恵美須町駅もしくは南海今宮戎駅目の前という超絶至便な立地でございますけれども、世帯収入に基づいた入居基準がある市営住宅なんでね。

旧長町スラムに点在するこれらの市営住宅、大阪市のホームページに記載されている「市営住宅一覧(浪速区)」によると、全て「改良」という区分になっている。大阪市で改良住宅と聞くと「同和対策事業か?」と早合点しそうになるが、ここは単純に元スラムであったためにそういう区分で整備された住宅という事になるようだ。こちら側も6棟合わせて約570世帯ある。

駅チカ立地を考慮しているようにもあまり思えない、団地一階部分の商店街もやたらと佇まいが香ばしい。土着色しかない地元民専用のお好み焼き屋ばかりが連なっているのである。確かにこれだけの世帯数がある大型団地の真下にある飲食店街だもの、こうなってしまうのも無理はないけれども、電気街にやってくるオタクどもや爆買い中国人は全く相手にしている素振りはない。

しかも店の屋根に三色旗と公明党ポスターまで貼り付けられた店まである。そうかそうか。(現在は黄色一色に変わってます。この写真は2011年撮影のものです)

店名センスもいちいち下町全開テイスト。「ちきちゃん」に「こておちゃん」…時代が時代なら“じゃりン子チエ”も市営住宅暮らしになっていたのかも知れません。まあなんというか、京都の超一流ゾーン「崇仁市営住宅」に雰囲気似てますけれども、お昼ご飯を食べにどなたかこのへんの店に挑戦してみてくださいませ。

あっちもこっちもお好み焼き屋。粉もんオンリーやがな…と文句を垂れながら歩いていて、ふとお好み焼き屋じゃない食い物屋があるな…と思ったら「元さんの韓方ケーキ・健康ジュース」ですか…

ちなみにこの他にあるのは居酒屋とかそんなんばっかりです。都心の一等地なのになんというフリーダムな下町風景が広がっているのだろうか。さぞかし賃料もお安そうであります。

それから市営日本橋住宅の一角にはこんな石碑まである。「秩父宮同妃両殿下台臨記念碑」…なぜこんなところに皇室ゆかりの地があるのか不思議にも思ったのだが、傍らに置かれた説明文が記された碑を読めばその理由がわかった。

この石碑は昭和初期に全国初の鉄筋コンクリート造の市営住宅として建てられ当時最先端の設備を誇る共同住宅だった「市営南日東・北日東・下寺住宅」をひと目見ようと、昭和12(1937)年に秩父宮同妃両殿下が行啓されたのを記念した置かれたものである。あの「軍艦アパート」、そこまでのブツだったんすね…

市営日本橋住宅の駐車場と“カークラブ”

さて、大阪市営日本橋住宅と聞いたらこの香ばしい話題を振って置かなければ気が済まない。市営住宅の最も北にある5号館の北側、一見すると駐車場用地に見える土地である。確かに一昔前までは団地住民の駐車場として使われていた記憶があったのだが、不自然な形で閉鎖されているのだ。

これが2007年の当該土地の様子。明らかに駐車スペースとして白線が敷かれていて、この通り駐車場に使われていた。現在でもその通りなのかは確かではないが、従来から大阪の市営住宅では団地の自治会で組織される「カークラブ」というものがあり、市に代わって一部の団地住民が駐車場の管理を行い、駐車料金を徴収する業務を行っている事が多い。その収益の数割かは大阪市に支払われる仕組みのようだが、団地の一住民に一任するという点からもどうも不正の温床となっている感がある。

この日本橋住宅では団地住民のカークラブの運営プロセスで何らかの不正があったようで、2010年10月頃に突然駐車場が閉鎖されて、それっきりそのままになっている。その頃、こんな張り紙が駐車場入口にペタっと貼り付けられているのを見ましたけれども、これまでの大阪市の土地の使い方といったら人権協会とか飛鳥会事件のアレとかいくらでも悪しき前例がありますので、このくらいでは何も驚きません。「市営住宅敷地の適正管理」ねえ…

長町スラムの白い巨塔…近代日本の児童福祉の父・石井十次の理念を受け継ぐ「愛染橋病院」

もはや市営住宅くらいしか残っていないのかと落胆しそうになる、元「長町スラム」探索だが、ここに来て一つ重要な施設が残っているのを目にした。でんでんタウンの裏で長年診療を続けている総合病院「愛染橋病院」である。昭和12(1937)年に開院、元々は現在の大阪市立日東小学校のグラウンド付近にあったが、軍艦アパートが無くなる直前の2005年に堺筋の西側、市営日本橋住宅の傍らに移転してきた。

一見何の変哲も無い病院でしかないようだが、ここを運営する「社会福祉法人石井記念愛染園」がどのような組織なのかを調べるとジワジワ来るものがある。なぜこの場所にこの病院が、という理由を語るには充分である。

岡山孤児院物語 石井十次の足跡

ここの創始者は明治時代の慈善事業家・石井十次。クリスチャンでもある当人は明治20(1887)年に日本初の孤児院である「岡山孤児院」を創立し、その後も東北地方の孤児を受け入れるなどしながら全国に展開、明治42(1909)年には「内国勧業博覧会」開催で一部は強制移転したものの、なおも全国屈指の貧民窟として悪名を轟かせていた大阪・長町スラムに進出し、保育所や学校の運営にあたったものの、大正3(1914)年に48歳の若さで亡くなった。

石井は恵まれない子供のために生涯を捧げた人物であり、今なお岡山県における偉人として知られる。その偉人の理念を受け継ぐ愛染橋病院は大阪市内における総合周産期母子医療センターの指定を受け、産婦人科医療ではよく知られた病院の一つになっているのだ。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.