【ダークサイド神戸】神戸のタルトンネ・神鉄長田駅最寄りの生ける廃墟マーケット「名倉市場」

神戸という土地を他所から来た観光客が訪れた時に、まずもってガン無視されてしまうのが新開地から出ている「神戸電鉄有馬線」の沿線。古くは昭和初期に神戸市街地から有馬温泉への観光ルートとして開かれた同路線は沢山の朝鮮人労働者がトンネル工事に従事して作られた事でも知られ、朝鮮人飯場の生き残りである源平町だとか、夢野火葬場跡のスラムだとか、とんでもない裏物件が平然と残っている、あまりに濃ゆすぎる一帯だ。

で、今回もしょぼくれ感満載の神戸電鉄の電車に乗って新開地から二駅目、神鉄長田駅で下車、ここいらは個人的には韓国のスラム街を彷彿とさせる街並みやその歴史から「神戸のタルトンネ」だなんて勝手に呼んでいる場所である。そこから階段やら坂道をガンガン降りてちょこっと歩いた住宅街のど真ん中に残っている、とある激廃れ市場を見物にやってきたのだが…

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.