【山口組分裂抗争】白昼堂々銃撃事件で組員死亡!神戸市長田区「番町地区」の街並み

日本最大の指定暴力団「山口組」のお膝元、兵庫県神戸市において2017年9月12日、かつての山一抗争の再来を思わせるショッキングな事件が再び起きた。山口組から分裂した「神戸山口組」と、さらにそこから分裂した「任侠山口組」との抗争で、任侠山口組側の組員(ボディーガード)1名が白昼堂々頭を撃ち抜かれて即死するという出来事が発生。

その場所が「神戸市長田区五番町」、通称「番町地区」という、知る人ぞ知る神戸屈指のDEEPエリアだった事からネット上では早くも騒ぎになっていて、特にツイッターで事件直後の現場の様子を撮影したものを投稿するユーザーがいたりして、かなり生々しい。勿論、我々大阪DEEP案内取材班は、既にこの地域に何度も訪問している。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

トップへ戻る