【国有地不法占拠】京都の外れの移民タウンに存在する、中国人による河川敷不法耕作ヤミ畑を見物してきた

八幡市
©Masayoshi Osaka

令和の時代の日本社会、外国人移民の受け入れはいよいよ加速度的な動きを見せている。そもそも岸田首相を筆頭とする政府自らがその動きに積極的でいるもの、この流れは止められそうにない。一方で外国人との生活習慣や公共心などの価値観の違いから各所で軋轢が起きている。最近はクルド人が集住する埼玉県川口・蕨あたりがやたらアツくなっているが、人口60万規模の中核市である川口市ですらこの現状に相当手こずっているのだから他の地域でもお察しである。このような事例は今となっては氷山の一角でしかないんだろう。

米育てていた猛者も…中国人「ヤミ畑」、首都圏撤去開始も全国865カ所に存在(1/4ページ)
埼玉県熊谷市の県営団地近くで不審火が相次いでいる事件に絡み、同市は25日午前、標的となった物置がある市有地の「ヤミ畑」の撤去に着手した。団地に住む中国人らが…

さて、外国人移民との“軋轢”で度々話題になるのが「不法占拠」事例だ。公共の場所を個人が勝手に私物化して好き勝手なことをおっ始める。決して終戦後の混乱期の話ではなく現在進行系の問題だ。大抵は地元の高齢者が老後のささやかな楽しみにと家庭菜園をやってしまう程度の話だろうが、中国籍をはじめとした外国人移民が勝手にやらかすケースも多い。いずれにしても違法である。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【国有地不法占拠】京都の外れの移民タウンに存在する、中国人による河川敷不法耕作ヤミ畑を見物してきた|逢阪
令和の時代の日本社会、外国人移民の受け入れはいよいよ加速度的な動きを見せている。そもそも岸田首相を筆頭とする政府自らがその動きに積極的でいるもの、この流れは止められそうにない。一方で外国人との生活習慣や公共心などの価値観の違いから各所で軋轢が起きている。最近はクルド人が集住する埼玉県川口・蕨あたりがやたらアツくなってい...
タイトルとURLをコピーしました