【天空の団地】六甲山地の真裏に佇む、日本初の斜行エレベーターで行く「花山東団地」を散歩する【神戸市北区】

同じ神戸市に属していながら、六甲山地の真裏に隠れるように広がる「神戸市北区」…大阪や東京の北区とは随分様子が異なっているが、概ね神戸電鉄の沿線にあり、山を切り崩して作られたニュータウンや団地などで占められている、神戸電鉄の始発駅があるド下町・新開地あたりが“B面の神戸”だとするなら、ここは“C面”…というか、“オマケ”のような場所である。

そんな神戸電鉄の沿線には、高度経済成長期に作られた訳のわからない団地が数多く潜んでいる。特に公団住宅(現・UR賃貸住宅)や市営住宅の類は比較的多めにあり、六甲山地と海に挟まれた神戸特有の事情から、ごっそり山の裏を開発して無理くり宅地造成されたにも関わらず、ここいらの住宅地は都心回帰傾向が高まるがゆえに発展から取り残され、昭和の遺跡のようになってしまっている。

特に駅前から斜行エレベーターに乗って行く、まさしく「天空の団地」と呼べる場所があるという事で、やってきたのが「花山駅」…自分からやってきておいてそう言うのもアレですけど、どこですか?ここ…

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.