コテコテの大阪を体現するテッパン観光地「道頓堀商店街」 (2007年)

大阪の代表的な「観光地」になってしまっている、道頓堀商店街。あまりにベタすぎる場所なので今更このページで紹介するのもなんだが、一応はやっておこう。ここ数年の間に、やけにアジア系外国人の観光客が増えてきたような気がする。


そして、道頓堀商店街の変化は、よりコテコテ感を出そうと、なんだか不自然な方向に突っ走っていく。それらのコテコテ演出家たる企業が実は大阪とは何の縁もゆかりもない東京の企業だったりするからおかしいのだ。

巨大な「えべっさん」があちらこちらで笑っている。あまりに変わりすぎてしまって、もとの道頓堀商店街の面影がもう解らなくなってしまっているのだが、取って付けただけのような「コテコテ物件」には情緒もくそもない。

ドンキホーテの観覧車「えびすタワー」は決定的に道頓堀の風景を変えた。
こういうのが、よそからやってくる観光客にとってそのまんま大阪のイメージと直結してしまうのだから、複雑な心境ではある。大阪凋落の原因を「お笑いの呪い」と語った人はいたが、言い得て妙である。

大阪を盛り上げた歴史的な文化芸能というバックグラウンドの深い部分は理解されることもなく、ただこの街はネタにされ単に笑われているだけなのである。それは大阪という街の目に見えない損失である。


くいだおれ人形をバックに写真を撮って、吉本新喜劇を見て、不法占拠のたこ焼き屋のさして旨くもないのに高いたこ焼きをドブ川のほとりで頬張る。それが大阪だと思われているのだから、本来ならば大阪の商工人はこの情けない事態を嘆くべきなのである。
ある意味、大阪ほど観光アピールの下手くそな街はないとも思う。神戸と京都が近くにあるから、余計に不利なんだけどね。

同じ道頓堀商店街内でも、西側の松竹座がある辺りは年齢層が高い。

しかしその向かいには「道頓堀くくる」が(笑)

道頓堀の向かいの宗右衛門町は風俗店やホストクラブ、韓国人パブなど、品のない飲み屋街に様変わりしている。

そんな宗右衛門町にある中国東北部の延辺朝鮮族自治州料理店。このあたりに何店舗かあるのだが、この中には犬肉を扱っている店もある。道頓堀はもはや日本ではなく朝鮮。とことんコリアンテイストである。

しかしこの界隈の韓国人密度は半端ではない。ソウル明洞との区別が付かないような状態である。たこ焼き屋もしっかりハングル表記で、韓国人も安心スミダ。しかしこんな祖国の繁華街とさほど変わらないような街をうろついて、面白いか?韓国人。

道頓堀で最も有名なたこ焼き屋、そして敷地が33年間不法占拠だったことで大阪市と今更揉めていることでも有名な「大たこ」の前はすっかりスナックフード屋台のパラダイスと化して、複雑な匂いを放っている。

もちろん、こんな観光客向けの店なんてオススメする訳がない。大阪の庶民は地元のタコ焼き屋で食うのが当たり前だ。有名な天神橋筋でもいいし、千林でもいい。どこぞの何の変哲もない商店街に足を伸ばすだけでいい。交通費や時間を差し引いても、価値ある大阪の下町気分が味わえることだろう。

何故か大阪には多い韓国人観光バス。あまりに多すぎて堺筋の道路渋滞の重大要因になっているのだ。そして、堺筋を挟んだ東側も韓国人だらけなのだ。次回はもう少しこの辺りを突っ込んでみよう。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.