【浪速区】連続殺人事件に驚愕の階数偽装、大阪市内最強の事故物件マンションはいま

“事実は小説より奇なり”だなんて言葉、割と陳腐なくらいによく使われているものだが、我が日本国における第二の都市ながら日本人の常識と法律が時として通用しないトンデモナイ場面に出くわす事もままあるのが「大阪」という街である。この大阪には一般的な日本人の感覚では到底理解ができない現象が次々起こる“ミステリーゾーン”がいくつも存在している。

その一つが大阪市浪速区に所在するこちらのマンション。大阪市内の二大繁華街の一つ「難波」からも徒歩圏で非常に利便性のいいロケーションに建っている物件だが、ここを巡っては唯一無二とも呼べるくらいに奇妙かつ恐ろしい出来事が立て続けに起きていて、オカルトまがいの話題では尽きる事がない。果たしてその中身とは…ということに触れてみようと思う。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.