「 大阪府 」一覧

全292件中 46〜60件目を表示

韓流バブルで観光地化が進む鶴橋コリアタウン観察・2013年版 (全3ページ)

韓流バブルで観光地化が進む鶴橋コリアタウン観察・2013年版 (全3ページ)

数年ぶりに訪れた大阪のコリアタウン鶴橋。思えば我々DEEP案内取材班の街歩きの原点ともなった場所である。戦後の闇市時代から残る駅前の濃密な市場はこの街のアイデン...

>記事全文を読む

野田阪神新橋筋商店街と戦後のドサクサ横丁「地獄谷」 (全2ページ)

野田阪神新橋筋商店街と戦後のドサクサ横丁「地獄谷」 (全2ページ)

大阪には「野田阪神」という地名があり地元民には何の違和感もなく使われている訳であるがそれは阪神電車本線の野田駅前の事を指している。阪神野田駅はJR大阪環状線の野...

>記事全文を読む

激安過ぎる大阪地卵の10円自販機

激安過ぎる大阪地卵の10円自販機

大阪と言えば庶民の町であり貧民街、デフレ経済の最先端もまた大阪から始まる。激安と名のつくものは大阪ではすなわち正義であり、たちまち大阪の街に君臨した「スーパー玉...

>記事全文を読む

梅田のすぐ隣、福島駅前!売れても占い商店街「福島聖天通」とその界隈 (全3ページ)

梅田のすぐ隣、福島駅前!売れても占い商店街「福島聖天通」とその界隈 (全3ページ)

今回訪れたのはJR大阪駅(梅田)の隣にある「福島駅」。東北新幹線に乗らなくても大阪環状線でたったの一駅で辿り着ける福島である。昔も今も大阪人にとって「福島」と言...

>記事全文を読む

飛田新地の料亭「鯛よし百番」に行ってきました (全2ページ)

飛田新地の料亭「鯛よし百番」に行ってきました (全2ページ)

日本最大にして現役の「遊郭」である大阪市西成区の飛田新地。大正時代に開かれた遊郭は戦後の売防法施行を経てちょんの間料亭街として今に続いている。夜ともなるとスケベ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

アイヤー!中国人だらけの「門真団地」に歓迎光臨アルヨ (2)

大阪府門真市にある「門真団地」は高度経済成長期に整備された大規模団地であるが老朽化と高齢化に加えて中国人住民がやたら増えまくっている事で有名。鶴見区中環沿いの衝...

>記事全文を読む

NO IMAGE

アイヤー!中国人だらけの「門真団地」に歓迎光臨アルヨ (1)

大阪市鶴見区の中央環状線沿いに毎週日曜日に店を構える「謎の中国人朝市」の存在についてはかなり前に当サイトでレポートをしている。あれから5年以上が経った訳だが現地...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (5)

まだまだしぶとく庄内界隈を歩き回る大阪DEEP案内取材班。無駄にレポートが長くなったがお付き合いくださいませ。最後は再び庄内駅西口のウエスト商店街に戻ってきた。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (4)

関西のセレブ路線などと言われる阪急宝塚線も大阪市に近い豊中の庄内あたりはまるっきりベタな下町風景。宝塚歌劇とかにはもっぱら縁遠い庶民が暮らす庄内の街並みをまだま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (3)

阪急宝塚線庄内駅の周辺をうろうろ探索中の我々取材班、駅東口に残る怪しい飲食店街を見物した後は駅の西側を見て回る事にした。相変わらずどこを見ても雑多でぐっちゃぐち...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (2)

阪急宝塚線庄内駅の周辺は意外にも繁華街めいた一画が残っていたりして昼夜問わず人の姿が多く賑わっている。狭い道路に通り掛かる人波、そして自転車に乗ったままふらふら...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (1)

大阪梅田を起点に宝塚まで伸びる阪急宝塚線。戦前から阪急の沿線開発で高級住宅街が郊外に作られ、宝塚歌劇団のイメージもあって「セレブ路線」として扱われる事も多い路線...

>記事全文を読む

NO IMAGE

南港咲洲・大阪市の赤字遺産はどうなっているのか (2)

大阪南港コスモスクエア(咲洲)に今も残るバブルの負の遺産...壮大な税金の無駄遣い物件のオンパレードは日本における経済力の衰退とお役所仕事の病理構造をひと目で見...

>記事全文を読む

NO IMAGE

南港咲洲・大阪市の赤字遺産はどうなっているのか (1)

大阪のベイエリアと言えばせいぜい海遊館かUSJくらいしか知られておらず南港咲洲・コスモスクエアの乱開発でかつて大阪市によって莫大な税金を垂れ流して作られた巨大複...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東大阪市石切・旧生駒トンネルを訪ねて (4)

生駒山地をぶち抜き大阪と奈良を最短距離で結ぶ近鉄奈良線、旧生駒トンネルの入口と旧孔舎衛坂駅の遺構が残る石切駅北側の日下町は生駒山の中腹に位置する閑静な住宅街とな...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

大阪DEEP案内へようこそ

2007年7月からサイトを運営しております。関西二府四県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る