【大阪兵庫京都】「新型コロナウイルス」関西地方二府四県の現状をDEEP案内編集部が見る【奈良滋賀和歌山】

新型コロナウイルスという未知の病原体が全世界を襲うという未だ嘗て経験した事のない未曾有の危機の最中で、全く外出することができない、意味なしの長期休暇が始まってしまったわけですが、そんな今年のGWはゴールデンウィークではなく「我慢ウィーク」だとどなたかが申しておられるようです。

長引くコロナ騒ぎの中、当編集部がnote上にてコロナ緊急特集記事を続々ぶち上げているところで、沢山の読者様に恵まれ感謝しているところであるが、今回は最も多く感染者を出している東京を中心とした首都圏に次ぐ、日本第二の都市圏である関西地方・京阪神地域を中心としたコロナ事情をまとめておきたい。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.