【奈良寂寥紀行】廃墟商店街・下渕マーケットがある吉野郡大淀町「下市口」を歩く

二年続けて「コロナ禍の夏休み」となった特殊状況から人々の行動パターンがすっかり変わってしまい、とりわけ売れ行き好調なのがキャンプ用品だという話。“密”を避けて良く分からない山奥の河原に出向いて勝手にテントを張ったり、はたまたバーベキューをやらかしたりして土着民を困らせるDQNも続発しているようで、これはこれで問題アリアリなのである。

…かたや、目下のコロナ禍が長引く中で取材対象も“密”を避けたド田舎へと偏りがちなDEEP案内取材班が訪れていたのは、そんな天川村などがある奈良県の秘境・吉野地方の入口となる大淀町にある近鉄吉野線「下市口」駅前である。ここは大阪阿部野橋駅から出ている電車に乗れば近鉄南大阪線経由で片道1時間ちょいで来られる場所だが、この駅前に奈良県屈指の激寂れ商店街があって、一度お目にかかりたいと思っていたのだ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.