【だんじり or DIE】だんじり祭りもコロナ禍で見物自粛やし「岸和田」の古い街並みでも見ていこか

二年連続の終わらないコロナ禍…全国で催事・イベントが軒並み中止に追いやられているのは前年同様で、しかも今年は東京五輪開催のタイミングで過去最悪クラスの“第五波”の感染拡大がかぶってしまい、夏休み・お盆休みの日本列島を直撃する形となった。それが最近になってようやく感染状況が若干収まりつつあるわけだが…

2019年の春木地区でのだんじり祭の様子

ところが一転して、大阪・泉州地域は岸和田市の伝統神事「岸和田だんじり祭」が二年ぶりに開催されているのである。去年2020年は名物の「曳行」を取りやめて祭りの規模を大幅自粛したものの、関係者が「二年連続の自粛はあり得ない」と豪語し、“感染対策の徹底”“沿道での見物自粛”を条件に半ば“強行開催”する形となっている。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.