【中国人朝市近く】大阪のチャイナ団地ゾーン・門真市三ツ島で食える、まさかの「ビャンビャン麺」

いよいよ梅雨も明けて夏本番といったところ、あちこちでセミがジージーとけたたましい騒音を立てている。通常ならば夏休みの始まりと共に開放的な気分から海に山にと行楽に出かけてはウェ~イと騒ぎ出す季節だが、二年連続の“コロナ禍の夏”ともなれば、そうは単純に事は運ばず。しかしそんなご時世でも相変わらずなテンションを保っている地域もあるにはある。

大阪市鶴見区・大東市境の大阪中央環状線沿いで毎週日曜日に繰り広げられる、いわゆる「中国人朝市」である。近隣に中国残留孤児を受け入れている公営住宅が多い関係で、90年代から自然発生的に始まった知られざる“異国の空間”。ここだけはコロナ禍の最中でもいたって通常通り。朝も早くから中国人住民がわらわら集まっては食ったり買ったりしている。さすがに“セミの唐揚げ”はありませんでしたが…

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.