【尼崎市】ガチでダウンタウン過ぎる「JR尼崎駅」周辺のド下町風景を眺める

とある住宅ローン専門業者の「本当に住みやすい街ランキング」の1位にまさかの「JR尼崎」が選ばれた事が報じられ、もしかするとその事を鵜呑みにして本当にこの地域への引っ越しを考えている人がいるかも知れない。しかし、小綺麗に再開発された「あまがさき緑遊新都心」と称する一帯だけを見て全てを判断してしまうのは些か早計である。

じゃあ、再開発地区以外の「JR尼崎駅」の周辺はどのような地域なのか、関西の事情がよくわからない転勤族が本当にひょいと引っ越して問題ない街なのか?という疑問に答えるのが今回の記事の趣旨である。まずは再開発計画とは無縁な駅南側のエリアに来てみた。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.