尼崎連続不審死事件の主犯格「角田美代子」の生い立ちと若かりし頃の痕跡を訪ねる

二十数年間もの長い間、出会った人々を相手に巧みに人心を支配し己のマインドコントロール下に置き、複数の家族の人生を意のままに操っては収奪しては壊し、少なくとも10人以上の人物を死に至らしめた戦後日本屈指の凶悪犯罪「尼崎連続不審死事件」の主犯格である「角田美代子」はここ尼崎に生まれ、生涯の殆どをこの街で過ごしてきた。

家族喰い――尼崎連続変死事件の真相

モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 (講談社+α文庫)

この恐ろしい怪物女が生まれた「原点の街」とは果たしてどのような所なのだろうか。当記事ではそんな角田美代子の生家跡、幼少期に過ごしていた長屋、高校中退後に初めて母親の紹介で始めた「仕事場」を訪問し、レポートしている。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.