第二の角田美代子か!家出少年たちとの異様な集団生活「尼崎中3監禁事件」の現場を訪れた

家族喰い――尼崎連続変死事件の真相

「尼崎連続変死事件」の真相を探るべく長期間の尼崎取材を敢行した渾身のルポルタージュ本「家族喰い」(小野一光著)の最後のくだりに書かれていた、尼崎のスナックのママの言葉。

『(角田美代子と)同じようなんはなんぼでもおるんやから…』

その言葉を裏付けるかのように、2013年12月、同じ尼崎市内で一人の女が逮捕された。逮捕容疑は「中学3年生男子生徒に対する監禁と強制わいせつ」というものだった。特異なのはこの女の他にも14歳から18歳までの青少年6人が一斉に逮捕されている事だ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

トップへ戻る