【和泉市】阪和線に揺られて行く大阪泉州の隠された桃源郷「信太山新地」

天王寺駅から阪和線に乗っておよそ30分。和泉府中の一つ手前、信太山駅で降りる。自治体の区切りで言う所の大阪府和泉市にあたる。何も予備知識が無ければ、ここは大阪郊外のつまらない住宅地でしかない場所だ。

108-01.jpg

信太山と言えば陸軍時代から続く陸上自衛隊の信太山駐屯地がある事でも知られるが、それよりも「信太山新地」という大規模なちょんの間地帯を抱えている事で有名である。そもそも血気盛んな軍隊の男どもがいるからこそその傍らで色街が栄える訳であながち無関係とは言えまい。

所謂「大阪五新地」に数えられる飛田、松島、今里、滝井に次ぐ場所だ。一つだけ大阪市内からやたら離れているのは何故だか知らぬが好奇心には勝てないので、わざわざ電車を乗り継いでやってきた。

108-02.jpg

昔のままの地上ホームに降りた時点で既に恐ろしい場末感が漂っている。同じ大阪郊外でも転勤族などの多い北摂阪神間の街と比べても空気が淀んだ印象が強い。泉州で土着民臭が薄いのはせいぜい泉北ニュータウン程度で、その他の場所はマジモンの田舎なのである。

108-04.jpg

駅を降りると目の前には簡素な作りのロータリーがこしらえてある。その中央にはお決まりの人権啓発スローガンが書かれた看板。時代錯誤もいいところだが泉州の駅前では別段珍しくない風景だ。

108-03.jpg

駅前に店らしい店は薬局、洋菓子店、パチンコ屋などが気持ち程度しかないが一番目立つのが「スーパー玉出」という状況。閑静な駅前にこだまするのはエンドレステープで流される玉出社長の「いらっしゃいませーいらっしゃいませー安売りのスーパー玉出!」の音声のみ。

108-05.jpg

極めて簡易な作りの超絶にショボイ駅舎を後にして、信太山新地がある場所へと移動を始める。駅から少し離れた所にあるのだ。スーパー玉出の脇の道から路地を突き進んで行けば良い。

108-06.jpg

駅周辺は純然たる住宅街が広がっているのみで別に珍しいものは見当たらない。新地の存在を知らなければわざわざこんな場所に来るようなきっかけもなかったはずだ。

108-07.jpg

しかし道中にある民家の玄関先に置かれた「お願い」に笑ってしまった。愛犬キムチは持病の為食事制限をしておりますので餌を与えないようにと書かれた看板。キムチは元気にしているのだろうか。何年も貼りつけられたままになってるけどこれ。

108-08.jpg

犬にキムチと名付ける家があったりキリスト教会があったり、コリアンな匂いがかすかに感じられる場所だがこの地域に在日が多いかどうかは定かではない。

108-09.jpg

ただ阪和線と並行する府道を挟んだ東側一帯は大規模な市営住宅になっていて独特の風情が漂う。っていうか殆ど団地しかない。こんな場所に新地があるなんて想像できるはずもなかろう。

108-10.jpg

府道に出て来ると交通量の多い割にはひたすらうらびれた印象しかない。潰れた個人商店の跡が多い他はいかにも郊外型なスーパーや農協、さらに駐車場などがのっぺりと続いているだけ。

108-12.jpg

府道を堺方面に北上してファミリーマートの前を過ぎると道沿いには曰くありげな有料駐車場があちこちに姿を現す。言うまでもなく信太山新地に用事のある客向けの駐車場だ。電車で来るよりも車でやってくる客の方が多いのが伺える。阪和線は基本的に不便過ぎる。

108-11.jpg

信太山新地はこの府道と阪和線の線路との間の区画にびっしり店舗を構えて営業している。路上に防犯標語が書かれた変な看板があったらそこが目印だ。

「気ぃつけやー あんたのことやで そのバッグ」

気になるのが、以前は「信太山新地」と書かれていた看板の名前が「小栗の郷」に変わっていた事だ。何か問題でもあったのだろうか。

108-13.jpg

さらに大人のおもちゃ屋と思しき怪しげな店舗も道沿いに見られたりして結構アレな感じになってくる。試しにファミリーマートに入ると客は男だらけ。さぞかし繁盛しているらしい。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.