在日コリアン一覧

NO IMAGE

毛馬桜之宮公園・コリアン祈祷所「龍王宮」跡地 (1)

以前大阪DEEP案内でお伝えしたJR桜ノ宮駅前の大川鉄橋下に広がる不法占拠バラックの存在。これは在日コリアン独特の信仰であるシャーマニズムの祈祷施設として使われた聖地「龍王宮」の成れの果てである。 梁石日原作「夜を賭けて」にも描かれた戦後...

記事を読む

京都駅至近のリアルパッチギコリアタウン!「トンク」こと東九条界隈を歩く 

伏見稲荷大社での初詣を済ませた大阪DEEP案内取材班は、そのまま伏見街道を北上して東福寺駅前に辿り着いた。ここが今回の京都取材の目的地の一つだ。JR東福寺駅から鴨川を越えて、京都最大のコリアタウン「東九条」を散策しながら、井筒監督の映画「パ...

記事を読む

【大阪民国×在日】大阪某所の朝鮮総連系在日コリアン寺院にお参りしてきた【境内にベルリンの壁】

大阪ディープサウスサーミナル「天王寺」界隈を特集。天王寺駅から歩いていける個性的でディープなお寺巡りはいかが?ラブホ街の奥にある在日韓国寺院「統国寺」の境内には本物のベルリンの壁が展示されていた!

記事を読む

NO IMAGE

神戸ディープ・長田区 (2) 元祖平壌冷麺屋

神戸の下町・長田区。そこは兵庫県最大級のコリアタウンでもある。 大阪の生野区や西成区などと同じように、この街に戦前から多くの移住者が仕事を求めやってきた。 人口の1割は外国人、その殆どが在日韓国朝鮮人だ。 新長田駅前には早速コリアタウン長...

記事を読む

NO IMAGE

在日の祭典・四天王寺ワッソ2007 (6)

記事を読む

NO IMAGE

在日の祭典・四天王寺ワッソ2007 (5)

記事を読む

NO IMAGE

在日の祭典・四天王寺ワッソ2007 (4)

記事を読む

NO IMAGE

在日の祭典・四天王寺ワッソ2007 (3)

記事を読む

NO IMAGE

在日の祭典・四天王寺ワッソ2007 (2)

記事を読む

NO IMAGE

在日の祭典・四天王寺ワッソ2007 (1)

日本最大の在日韓国・朝鮮人が住む大阪府。あちこちで毎年在日商工人が中心となり祭事を行っているのだが、その中で最も大規模で多くの観客動員数を誇る「四天王寺ワッソ」の存在は見逃せない。 1400年前、難波宮が首都として機能し、聖徳太子が四...

記事を読む

NO IMAGE

梅田の隣「中崎町」 (3) 在日の地図編

梅田の隣、中崎町。戦災を逃れ今も長屋の家並みが残る下町が広がる街だが、この街にもまた別の姿がある。 コリアタウンとしての姿だ。 大阪でコリアタウンというと生野区か西成区を想像するが、どっこい北区にも大規模なコリアタウンが存在していた。 現...

記事を読む

NO IMAGE

戦争遺跡「タチソ」 高槻地下倉庫

毎年8月と言えば、時期が時期だけに「戦争と平和」について取り扱った展示や催しがあちらこちらで行われる。もう今年で62回目である。戦時中を生き延びた世代が減っていく一方で後世にどう伝えるか、という課題は年々強まっているのだが、むしろそっちの事...

記事を読む

NO IMAGE

アパッチ族の末裔を訪ねて 桜ノ宮編 (2)

2007年2月に大阪環状線の桜ノ宮鉄橋真下で発生した火災の現場。 (※現在は焼け焦げたガラクタも撤去され修復されてます) 裏側に回ると、そこには無残に焼け焦げた車が4台程度と廃タイヤなどの残骸が転がっていた。

記事を読む

NO IMAGE

アパッチ族の末裔を訪ねて 桜ノ宮編 (1)

2007年2月7日、通勤ラッシュど真ん中の午後5時半過ぎ、大阪の大動脈「JR大阪環状線」が2時間に渡って運行をストップした。 JR桜ノ宮駅すぐ近くの、大川に架かる鉄橋のたもとの、廃品回収業者の廃材置き場からの火災が原因だった。火災は...

記事を読む

NO IMAGE

在日の祭典・四天王寺ワッソ2004 (2)

毎年11月頃に難波宮跡公園で開催される古代朝鮮祭。主催は大阪の在日コリアンが中心となっているのだが、大阪市や大阪府はもちろん、在阪企業の多くも開催に賛同している、随分とご立派な祭りなのだ。まあ、大阪らしいといえばらしいんだけどね。 そ...

記事を読む

NO IMAGE

在日の祭典・四天王寺ワッソ2004 (1)

日本の風物詩である「ワッショイ」というお祭りの掛け声も、どうやら大阪の在日の人に言わせるとウリナラ起源らしいです。 こういう祭りがあるとやはり大阪は「大阪民国」という言葉がこれほどしっくり来る事はない。 大阪府には全国の都道府県で最多の...

記事を読む

これぞ日本の朝鮮!大阪を代表するコリアタウン「鶴橋商店街」の闇市っぷりをご覧下さい 

日本最大のコリアタウン、日本の朝鮮「大阪市生野区」。鶴橋商店街を徹底レポート。駅の改札を降りるとそこがもう韓国。キムチと焼肉の香りが一年中漂っている、戦後の闇市を今の時代に残す場所。

記事を読む

トップへ戻る