「 ホームレス 」一覧

全18件中 1〜15件目を表示

【西成釜ヶ崎名物】1本50円がデフォ!労働者とホームレス御用達「激安自販機」を観察する

【西成釜ヶ崎名物】1本50円がデフォ!労働者とホームレス御用達「激安自販機」を観察する

日本最大のドヤ街、大阪市西成区の釜ヶ崎(あいりん地区)。この場所に全国各地から行き場を失くした人々が引き寄せられるように集い、僅か500メートル四方の土地を中心...

>記事全文を読む

NO IMAGE

難波の隣「大国町」 (3) ホームレスと韓国人街

大国町駅の西側は殺風景なマンション街と時折店舗が並んでいるくらいの、とりたてて特徴のない一帯である。しかしよくよく見ると日本人よりも韓国人の方が多い事に気付く。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

カオスパーク「生玉公園」 (2) ホームレスと地下壕

毎年9月には上方落語家が集う「彦八まつり」も行われ有名な存在である生國魂神社のすぐ隣には一般ピープルの常識の尺度がまるで通用しないカオス過ぎる公園が何食わぬ顔で...

>記事全文を読む

NO IMAGE

カオスパーク「生玉公園」 (1) 廃ホテル「園」その後

地下鉄谷町九丁目駅を降りて南西方向に行くと有名な生國魂神社があるが、その周辺は見事にラブホ密集地帯という何とも怪しいロケーションである。生國魂神社に隣接する生玉...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (4)

大阪都心に程近い毛馬桜之宮公園の大川沿いに残る廃品回収業者のバラック建築群を引き続き見物して行く事にする。 土手に沿って立ち並ぶバラック建築群の間に緑色のフェ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (3)

毛馬桜之宮公園の敷地に立ち並ぶ異様なバラック建築群を眺めながら桜ノ宮駅から大川沿いに南側まで抜けてきた。 公園側からバラック建築を見て来た訳だが全て建物の裏側...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (2)

JR桜ノ宮駅南側にある毛馬桜之宮公園には、公園脇の土手に何軒も戦後のドサクサで作られたとみられるバラック小屋が並んでいる。かの「アパッチ族」の末裔なのか真相は分...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園バラック村 (1)

戦後のドサクサ風景が未だに楽しめる大川沿いの毛馬桜之宮公園一帯。在日コリアンの祈祷場「龍王宮」は姿を消したがその南側一帯の土手沿いに広がる廃品回収業者の建物はま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園内の砂利採取工場

大阪の都心に程近く、淀川の支流として中之島に流れ注ぐ大川沿いには今も「戦後」を思わせる不法占拠バラック村が残っていたりして香ばしいエリアがいくつもある。 特に桜...

>記事全文を読む

NO IMAGE

キッズプラザとホームレス村の「扇町公園」 (2)

日本一長いアーケード街「天神橋筋商店街」至近、巨大な「扇町キッズパーク」の珍建築が際立つ扇町公園。ここは大阪市内でもとりわけ沢山のホームレスが住み着く公園の一つ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

戦後の残滓・大阪天満「樋之口町」バラック村 (5)

樋之口町のバラック村を抜けて大川沿いに出てくると、対岸には砂利採取業者の工場があり大量に積まれた砂利と運搬船が係留されているのが見える。 一方で土建業者の倉庫...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (22) 釜ヶ崎の夏祭り

猛暑真っ盛りですが、皆様、身体を壊さずにお元気でやっておられるでしょうか。 地球温暖化やら異常気象やらで、毎年全国各地で最高気温が記録を突破してしまうことも珍し...

>記事全文を読む

NO IMAGE

淀川河川敷を歩く (3) 十三大橋編

この大阪でも朝晩が冷えて参りました。天高く我肥ゆる秋。メタボリック気味の昨今です。 さて、常々自然環境に乏しい大阪市内でも、自然の宝庫だと言えるのが淀川河川敷。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (9) 西成公園編

日本最大の労働者の街「釜ヶ崎」を抱える大阪市西成区は、一言で一括りにはできない。 有名な釜ヶ崎と呼ばれるエリアは、萩之茶屋2丁目の西成警察署を中心とした半径50...

>記事全文を読む

【大阪十年一昔】ホームレスの溜まり場と化していた「天王寺公園」事情

【大阪十年一昔】ホームレスの溜まり場と化していた「天王寺公園」事情

キタやミナミほどではないが、大阪を代表するターミナルエリアとして君臨する「天王寺・阿倍野」。 そのシンボル的な存在でもあり、また大阪を代表する公園として長く市...

>記事全文を読む

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る