全431件中 121〜135件目を表示

傾斜バラック建築・和歌山中華そば「まる豊」

傾斜バラック建築・和歌山中華そば「まる豊」

せっかく関西のガラパゴス和歌山まで来たのだから、有名な毒カレー事件の舞台でも見に行こうかと思いつつ、結局何も残っておらず落胆して帰ってきた時に和歌山市街地に戻る...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (11) 鈴丸千日通り

ぶらくり丁の繁華街北側を走る城北通り。怪しいソープ街にも程近い、大門川に架かる鈴丸橋のあたりに来た。 なんともヤレた風情の盛り場が縦横無尽に広がるこの界隈の探...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (10) つきじ横町<後編>

和歌山の繁華街・ぶらくり丁の片隅にひょっこり残っている戦後のドサクサ感満載のオンボロ酒場横丁「つきじ横町」の中に入ってみることにした。 櫛形の長屋となったつき...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (9) つきじ横町<前編>

寂れ方が酷いと散々言われる和歌山の中心市街地「ぶらくり丁」界隈だが、逆にその事が昭和の古い町並みが建て替えられもせずにそのまま残るという現象を招いている。 と...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (5) 中ぶらくり丁と銀座通

和歌山の繁華街、ぶらくり丁のアーケード商店街を引き続き歩き回る事にする。ほんまち通りのフォルテワジマ(旧丸正百貨店)から始まるアーケード街をずずーっと東に向けて...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (4) 真田堀通りバラック

和歌山随一の繁華街「ぶらくり丁」の一角にある真田堀通りは商店街と居酒屋・スナックなどの飲食店が入り交じる、夜の街的な風情が漂う場所。 我々取材班が全然知らない...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (3) ぶらくり丁大通り

和歌山一の繁華街「ぶらくり丁」の真ん中を築地通りがぶち抜いている。この築地通りに面した部分はぶらくり丁大通りと呼ばれていて、中心市街地の目抜き通り的な風情を残し...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (2) 北ぶらくり丁

和歌山を代表する一大繁華街「ぶらくり丁」界隈を歩き回る事にした取材班だが、商店街の余りの寂れっぷりに涙が止まらない。 ぶらくり丁アーケードの北側に並行する「北...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (1) 和歌山一の大都会

大阪DEEP案内取材班がこれまで訪れた事すらない関西2府4県中最強の秘境県「和歌山」の県庁所在地、和歌山市。鉄道は南海線とJR阪和線の2路線が大阪から直結しては...

>記事全文を読む

NO IMAGE

JR奈良駅東口・杉ケ町界隈の微妙な街並み (2)

観光都市奈良の玄関口のはずなのに何故か怪しい佇まいが残るJR奈良駅東口、杉ケ町界隈の街並みを引き続き見ていこう。 おニャン子倶楽部やスナックビルなんぞが並ぶ、...

>記事全文を読む

NO IMAGE

JR奈良駅東口・杉ケ町界隈の微妙な街並み (1)

JR奈良駅周辺の街並みは中心市街地に近い近鉄奈良駅とは全く様子が違い、寂れて煤けた街並みの東口、再開発で豪華ハコモノオンパレード状態の西口と、微妙過ぎる街の風景...

>記事全文を読む

NO IMAGE

JR奈良駅西口再開発地区・なら100年会館

かなり久しぶりに奈良を訪れた。言うまでもなく観光都市としての顔を全面に押し出した、新しいJR奈良駅の建物に迎えられる。 JR奈良駅はいつの間にか駅自体も高架化...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大和郡山市東岡町・禁断の「郡山新地」の残骸 (3)

今もなお陰鬱な空気を淀ませたままかつての遊郭の風情を留めている大和郡山市東岡町の街並み。生駒の宝山寺新地とともに奈良県の現役ピンクゾーンとして名を馳せた土地の末...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大和郡山市東岡町・禁断の「郡山新地」の残骸 (2)

大和郡山市東岡町、そこには昭和の末期まで「郡山新地」と呼ばれる現役のちょんの間が存在していた。密かにフィリピン人女性などが働いていたというが、それは警察による徹...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大和郡山市東岡町・禁断の「郡山新地」の残骸 (1)

大和郡山市東岡町。この地名を聞いて何だかゾクゾクするような人は、恐らく中年以上の夜遊び好きなオッサンだろう。この東岡町は、奈良市木辻町、同じく郡山の洞泉寺町と同...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

大阪DEEP案内へようこそ

2007年7月からサイトを運営しております。関西二府四県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る