【追悼餃子】王将社長射殺事件犯人逮捕記念!京都刑務所のある街・山科区「椥辻」(←読めない)を歩く

京都市

2013年12月19日、夜明け前の早朝、京都市山科区にある「餃子の王将」を運営する王将フードサービス本社前で当時社長だった大東隆行氏が会社敷地内にいたところ、突然近づいてきたヒットマンが拳銃から放った四発の弾を受け無惨に殺される王将社長射殺事件が発生。しかし長らくその犯人は逮捕されることもなく、迷宮入りの様相を呈していた。

株式会社王将フードサービス本社(京都市山科区西野山射庭ノ上町237)

事件から2年ほど経って、警察が現場付近に落ちていた煙草の吸殻をDNA鑑定したところ、北九州に本拠を置く暴力団工藤會系の組員のものと一致したことが報じられたが、その後は今の今まで表立った動きもなく、地元住民を恐怖に陥れた山科の住宅街での突然の凶行の記憶と共に忘れ去られそうになっていた。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【追悼餃子】王将社長射殺事件犯人逮捕記念!京都刑務所のある街・山科区「椥辻」(←読めない)を歩く|逢阪
2013年12月19日、夜明け前の早朝、京都市山科区にある「餃子の王将」を運営する「王将フードサービス」本社前で当時社長だった大東隆行氏が会社敷地内にいたところ、突然近づいてきたヒットマンが拳銃から放った四発の弾を受け無惨に殺される「王将社長射殺事件」が発生。しかし長らくその犯人は逮捕されることもなく、迷宮入りの様相を...
タイトルとURLをコピーしました